建設大臣


せきや かつつぐ
関谷勝嗣
生年月日昭和13年 3月 6日(満60歳)
本  籍愛媛県松山市
衆議院議員(愛媛一区 当選8回)


学歴
中央大学法学部卒業(昭和35年 3月)
ブリティッシュ・コロンビア大学留学(昭和38年12月帰国)

経歴
昭和39年 4月日本航空株式会社入社
昭和42年10月同 退社
昭和42年11月関谷勝利議員秘書
昭和45年 1月瀬戸内海放送株式会社取締役
昭和49年 1月松山青年会議所理事長

政歴
昭和51年12月衆議院議員初当選(第41回総選挙まで当選連続8回)
昭和52年12月自由民主党全国組織商工局次長
昭和55年 7月同 全国組織青年局次長
昭和56年12月同 国民運動副本部長
昭和57年11月運輸政務次官
昭和58年12月郵政政務次官
昭和59年11月自由民主党国会対策副委員長
昭和59年11月同 広報副委員長
昭和61年 1月同 総務(公選)
昭和62年11月衆議院運輸委員長
平成 元年 8月自由民主党国民運動本部長
平成 2年12月郵政大臣
平成 3年11月自由民主党政務調査会海運造船対策特別委員長
平成 5年 1月同 政務調査会国土開発東北地方委員長
平成 6年 7月同 総務会副会長
平成 7年 9月衆議院公職選挙法改正に関する調査特別委員会委員長
平成 8年 1月同 外務委員長
平成 9年 9月自由民主党政治改革本部長
平成 9年10月同 政務調査会国鉄長期債務問題特別委員会委員長
平成10年 7月建設大臣

プロフィール
 昭和13年愛媛県松山市三津浜町に生まれる。県立松山北高校を卒業後中央大学法学部に入学。卒業後カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学に留学。帰国後は、日本航空株式会社に就職するも、政治家への道を絶ち難く帰郷して父勝利代議士(旧愛媛一区・運輸政務次官・当選11回)の秘書となる。そして昭和51年12月の総選挙で初出馬、初当選し、以来連続8回当選を果たしている。
 大柄だが、親しみやすく明るく温厚、世話好きな性格で、親しい友人からは「勝っちゃん」の愛称でよばれている。信条は「至誠通天」「福徳一致」。
 親子2代にわたって、とくに運輸部門等の我が国のインフラ整備等あらゆる政治課題に取り組んできたが、直近では自民党政治改革本部長として、政治改革課題の解決に向け奔走したり、厚生分野では「知的障害者」への呼称変更への対応等多岐にわたる分野で活躍している。

趣味
アマチュア無線、ゴルフ

家族
妻  公子 (昭和16年3月18日生)
長男 水 (昭和47年 6月 9日生)
長女 喜代子 (昭和49年 3月22日生)
次男 天 (昭和51年 3月 6日生)

その他
身長174cm、体重75kg、血液型A型