建設政務次官


岸田建設政務次官

きしだ ふみお

岸田文雄
生年月日昭和32年7月29日(42歳)
出身地広島県
衆議院議員広島一区 当選2回


経歴
昭和57年 3月早稲田大学法学部卒業

昭和57年 4月(株)日本長期信用銀行入行
昭和62年 3月同 退職
昭和62年 4月岸田文武衆議院議員秘書
平成 5年 7月衆議院議員当選(第40回総選挙)
平成 6年 7月自由民主党政務調査会財政部会副部会長
平成 8年10月衆議院議員当選(第41回総選挙)
平成 9年 6月衆議院遺伝子組換え食品の表示問題等に関する小委員会小委員長
平成 9年 9月自由民主党組織本部青年局長
 同 政務調査会商工部会長代理
平成10年 8月衆議院議院運営委員会委員(議事進行係)
平成11年10月建設政務次官

プロフィール
 祖父正記、父文武、共に広島で衆議院議員を務めた、政治家一家の三代目。叔父宮沢弘も広島県知事から参議院議員をつとめる等、政治に縁の深い環境の中で育つ。
 大学卒業後、銀行勤務、代議士秘書を経て、平成5年の第40回衆議院総選挙において、自民党に対する逆風の中、広島一区からトップ当選。イメージやブームが先行する当時の政治の雰囲気に反発を感じ、「歴史に耐えうる政治を」をモットーとして議員活動を開始する。
 従来、得意分野としていた、商工、財政、金融、文教等に加えて、今回の建設政務次官就任によって、新しい活動のフィールドを広げることができると、強い意欲を示す。

家 族
妻  裕子(昭和39年8月15日)
長男 翔太郎(平成3年1月14日)
次男 晃史郎(平成9年5月28日)

その他
身長 174cm
体重 62kg
血液型 AB型