首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップイラク復興支援関連情報


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2004/02/05]第127号


● イラク復興支援に出発する陸上自衛隊の諸君へ

 小泉純一郎です。

 テレビや新聞でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、1日の日曜
日、旭川でイラク復興支援に出発する陸上自衛隊の諸君に訓示しました。

 日ごろからきびしい訓練を積み重ねてきた自衛隊の諸君はたくましく、隊
旗授与式会場に整列した凛々(りり)しい姿を目の当たりにして、私はとて
も心強く思いました。

 訓示の中で、私は、
「イラク復興人道支援におもむく皆さんは、戦争に行くのではありません。
テロ掃討作戦に参加するものでもありません。武力行使もいたしません。戦
闘行為に参加もいたしません。諸君の活動は、イラク人が希望を持って、自
らの国を再建しようという、そのお手伝いに行くわけであります。いわば、
日米同盟、国際協調という、日本のこれからの平和と繁栄にとって最も大事
な方針を口だけでなく、行動によって示してくれるのは皆さん方であります。
私は、皆さん方ならイラク人の人々から評価され、歓迎される仕事を立派に
果たしてくれると確信しております。」
と激励しました。

 イラクの人道復興支援には、国連の要請に応え、世界各国が手をたずさえ
て協力していかなければなりません。

 日本は、いま、フランス及びドイツと協力してイラクを支援する準備を進
めています。ドイツとは、警察官の養成事業などを行う考えです。

 イラクには日本の協力で建てた病院がたくさんあります。この病院の復旧
を進め、そこで働くイラク人の医者を育てるなどの医療支援をエジプトと協
力して行う事業も進めています。

 イラクの人道復興支援のために、様々な国との連携も含め、日本としてで
きる限りの協力をしていく考えです。

 旭川駐屯地の会場には、イラクにおもむく自衛隊員のご家族の方々がたく
さんいらっしゃいました。

 イラクで復興支援活動に汗を流す自衛隊員の皆さんのことを一番心配して
いるのは、ご家族の方々だと思います。そして、自衛隊員の皆さんを一番誇
らしく思っているのもご家族だと思います。

 イラクの人道復興支援活動のために自衛隊を派遣することについては、賛
成意見、反対意見の両方があることは承知しています。

 しかし、反対意見を持つ方々の中にも、自衛隊諸君の活動に声援をおくっ
ている人はたくさんいると私は信じています。

 自衛隊の諸君が、イラクの地で立派に任務を果たして、無事帰国されるこ
とを、多くの国民とともに願っております。


小泉内閣メールマガジン広告バナー