首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップイラク復興支援関連情報


小泉内閣メールマガジン「特別寄稿」

「ウェルカム、ヤバーニ」

イラク復興業務支援隊長、1等陸佐 佐藤正久


 サマーワの地に来て1カ月を過ぎました。私以下、隊員はみんな元気に活
動しております。

 1カ月前、クウェートから車両隊列を組み、ラクダや羊の群を時折見かけ
るだけの一面の砂漠をサマーワに向かいました。

  イラクの子供たちは、日の丸をつけた自衛隊の車両に気づくと、遠くから
一斉に走って来て手を振ります。「ヤバーニ、ヤバーニ」と、明るい笑顔で
精一杯手を振ります。大人もそうです。すれ違う車や、歩道から大きな声を
出して、「ウェルカム、ヤバーニ。ウェルカム、ヤバーニ」と言っています。
人前で自己表現しないと思っていた黒装束のアラブの女性にも、手を振って
くれる人がいるのには驚きました。

  サマーワでは、県知事主催のセレモニー、部族長との夕食会等、数々の歓
迎行事で、自衛隊の到着を喜んでくれました。

  このように、精一杯の歓迎の意を示してくれるサマーワの人々ですが、そ
の生活は必ずしも豊かなものではありません。駆け足で来て手を振る子供た
ちの大半は、靴を履いていません。校舎や机はガタガタで、鉛筆やノートも
満足にありません。浄水場の老朽化が激しいために、断水している家庭が多
数あります。河の水や、瓶に貯めた水の上澄みを飲んでいます。一部に復興
の鎚音は感じられますが、失業者が多数いる状況です。

  反体制的であるということで前政権に破壊された村も見に行きました。村
は廃墟となっていました。そうした中でも、人々はたくましく生きていまし
た。そのうちの一軒でお茶をご馳走になりました。女の子が寄ってきて造花
をくれました。砂漠であるイラクでは造花は貴重な贈り物です。埃まみれで
したが、美しい花でした。

 私は隊長として、この子供達の未来のために精一杯人道復興支援業務に取
り組まなければいけないのだと感じています。私は、日本国民の善意の代理
者、実行者として、イラクの地にいることを改めて肝に銘じているところで
す。

※ サマーワの様子

※ 小泉内閣メールマガジン第132号への寄稿を転載いたしました。