首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップイラク復興支援関連情報


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2004/03/25]第134号

● イラク復興支援

 小泉純一郎です。

 いよいよ今日から英語のメルマガが始まります。たくさんの方から登録を
いただきました。どうもありがとうございます。

 内政や外交、音楽や芸術、文化など、いろいろな話題についてお話してい
こうと思っています。ご意見やご感想をお寄せください。

 昨日(3月24日)、官邸でウルーム議長をはじめイラク統治評議会や関
係の方々15名とお会いしました。

 多様な民族や異なる宗派からなる方々でしたが、多様性の中で協力しあい、
イラク人自らの手で新しいイラクを再建したいという意欲に燃えていました。

 「日本の戦後の再建の経験に学びたい。」、「日本の復興支援に感謝する。」
あるいは、「人道復興支援のためにイラクに来た自衛隊を心から歓迎する。」
という話を聞いて、心強く思いました。

 サマーワ出身の労働社会大臣からは地元の人たちが自衛隊をあたたかく迎
えたいと考えていることを聞き、自衛隊の諸君も評価され、やりがいをもっ
て復興支援活動に専念できるのではないかと思いました。

 「イラク再建の主役はイラク人であり、日本の役割はそのお手伝いである
こと。」、「宗教や習慣の違いは国同士の友好の妨げにはならないこと。」、
「イラクも自らの伝統を守りつつ、国際協調を通じて大いに発展できるので
はないか。」ということを私から伝えました。

 一方、バグダッドやスペインのマドリッドなどでテロが起こっています。
テログループは、一般市民を巻き添えにした卑劣な行為を繰り返しています。
テロの脅しにのることなく、テロ防止のために世界各国が協力して対処して
いかなければなりません。

 国内では、テロに対する警戒を強め、鉄道の駅や車内を警備する警察官を
増員したり、トンネルや橋への巡回を増やすなど必要な対策を講じています。

 治安当局がしっかりとした対応をすることはもちろんですが、国民の皆さ
んがテロを決して許さないという強い認識を共有することが、テロに対する
一番の抑止力になると思います。

 先日の高知競馬で、105回のレースを連敗しているハルウララが武豊
(たけ ゆたか)騎手の騎乗で初勝利を目指しましたが、残念ながら11頭
中10着に終わりました。負けても負けてもあきらめずに走り続ける姿を応
援する、これもいいことだと思います。

 先月、「シービスケット」という映画を観ました。大恐慌時代に失敗のど
ん底から努力して頑張った馬と人の実話に基づくベストセラー小説の映画化
です。皆さんにおすすめしたい感動的な映画です。

 どの世界にあっても、負けてもくじけず、希望を捨てずにまた頑張ろうと
いう気持ちが大切だと思います。


小泉内閣メールマガジン広告バナー