首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップイラク復興支援関連情報


小泉内閣メールマガジン「特別寄稿」

「真心支援」をモットーに

第3次イラク復興支援群長 1等陸佐 松村五郎



 日本の皆さん、こんにちは。イラク復興支援群に対し、いつも暖かいご声
援をありがとうございます。

 私たちは今、外務省が所掌するODA事業とも連携しつつ、病院を巡回し
ての医療支援、給水支援、学校・道路・診療所等公共施設の復旧・整備支援
など、サマーワ周辺地域の20カ所以上で人道復興支援に当たっています。

 私たちが活動しているこの地域は、メソポタミア文明発祥の地であり、支
援活動の中には、5000年前の古代都市ウルク遺跡保存のための外柵補修
などもあります(11月8日に終了しました)。その近くの小さな町で修復
を終えた小学校の竣工式を実施した際、児童代表の女の子が私たちに贈って
くれた次の言葉は、私たち隊員の胸を強く打ちました。

 「私たちは、子どもに対する日本人の優しさを見ることができました。
(中略) 私たちは、人類の文明発祥の地ウルクに住んでいます。あなた方
日本人は、私たちに再び文明を取り戻させてくれました。テロは悪いことで
す。新しいイラクに彼らの居場所はないでしょう。私たちは、すべての国の
自由と平和を望みます。」

 彼女の言葉には、歴史あるイラクの人々の誇りと、圧政と戦争に苦しんだ
末、今やっと見えてきた未来への希望が、凝縮されていました。彼女たちの
キラキラと輝く眼に見つめられ、私たちも、この子どもたちの未来のために
頑張ろうという決意を新たにしたのでした。

 私たち復興支援群は「真心支援」をモットーにしています。支援活動は、
単に復興事業のみではなく、人と人との心の触れ合いに意味があるとの思い
からです。私たちの活動が、少しでもイラクの人々の心に残るよう、頑張っ
て参りたいと思います。

 そのことが、日本が信頼できる国であることを世界に示すことになり、ひ
いては我が国の平和と安全に寄与するものと固く信じております。

 今後とも国民の皆様の変わらぬご声援を賜りますよう、よろしくお願い申
し上げます。


※ 陸上自衛隊ホームページ

※ 小泉内閣メールマガジン第164号への寄稿を転載いたしました。