橋本内閣総理大臣及びモンデール駐日米国大使共同記者会見

平成8年4月12日(金)


(冒頭発言)


○橋本総理

 皆さん、どうもありがとう。
 今日、モンデール大使にご同席をいただきまして、会見を急にお願いをいたしました のは、沖縄の米軍基地問題について、日米共同作業の一つの重要な成果を発表させてい ただくためです。同時に、この作業に直接、携わった私自身が如何に日米同盟関係を大 切に考えているか、併せてお話をしたかったからです。本日、6時半からの会談の中で モンデール大使と私の間で次の合意を得ることになりました。
 普天間飛行場は、今後、5年ないし7年ぐらいに、これから申し上げるような措置が 取られた後に、全面返還されることになります。即ち、普天間飛行場が現に果たしてい る非常に重要なその能力と機能を維持していかなければならない。そのためには、沖縄 に現在、既に存在している米軍基地の中に新たにヘリポートを建設する。同時に、嘉手 納飛行場に追加的な施設を整備し、現在の普天間飛行場の一部の機能を移し替え、統合 する。また、普天間飛行場に配備されている空中給油機、10数機あるそうですけれど も、これを岩国飛行場に移し替える。同時に、岩国飛行場からは、ほぼ同数のハリアー という戦闘機、垂直離着陸の戦闘機です。騒音で非常に問題の多いと言われています。 このハリアー戦闘機をアメリカ本国に移す。同時に、危機が起こりました時、米軍によ る施設の緊急使用について、日米両国は、共同で研究を行うことにする。
 この合意は、ペリー国防長官が訪日をされて、15日にSACO(日米特別行動委員 会)の中間報告として沖縄全体のパッケージが発表される中で、新たにきちんと確認を されることになっています。同時に、なお、作業の細部については、秋に向けて詳細に 詰めていくことになると思います。
 今日、こうした発表が出来るまでに、モンデール大使、また、マイヤーズ司令官には 大変な協力をいただきまして、そして、サンタ・モニカでクリントン大統領に対して沖 縄の人々が普天間飛行場の返還を大変強く希望しておられることを率直にお伝えをした 訳です。
 その後、直ちに、この課題についてSACOの場でも、日米の関係者による非常に積 極的な討議が始まりました。そして、その間、改めてモンデール大使のご協力にお礼を 申し上げます。
 そして、本日、クリントン大統領、ペリー国防長官の決断の下に、この会談が合意さ れ、今、ご報告をしたような合意が成立をいたしました。
 私は、この合意の中から現在の国際情勢の下で、沖縄の皆さんの強い要望に可能な限 り応えるものであるということと同時に、日米両国がアジア太平洋地域の安定と繁栄の ために、日米安全保障体制を積極的に生かしていこうという意思を明らかにしているも のと受け止めていただきたいと思います。
 この合意に至るまでの検討作業というものは、日米双方にとって、決して容易なもの ではありませんでした。そして、私は、両国政府が日米両国にとって、日米安全保障条 約が最良の選択であると同時に、アジア太平洋地域の安定と繁栄のために、これを積極 的に生かしていかなければならないという強い意思があったから、初めて可能になった と思います。同時に、この決断は、沖縄県及び沖縄の方々の強い要望を背景としてなさ れたものであります。今、5年ないし7年の間にという時限を切った合意が成立をしま した。これを実現させるためには、今後、県を始め関係者による最大限の努力が必要で あることを改めて強調したいと思います。
 そして、この機会に、総理大臣として、沖縄及びその他の地域で基地を受け入れてく ださっている多くの方々に対して、日本全体の安全のために負担を担っていただいてい ることに、改めて心から感謝の意を表したいと思います。
 先刻、大使とともに、大田沖縄県知事に電話で私達の決断を伝えました。知事も大変 、これを喜んでいただきました。そして、今後、この実現に向けて努力をしていくプロ セスの中で沖縄県の最善の協力がいただけることをお約束いただき、本当にホッとして います。
 そして、最後に、数日中にクリントン大統領を我々は国賓としてお迎えをする訳です 。共に、21世紀に向けた新しい時代の日米同盟関係を語り得ることを楽しみにしてお ります。共通の価値と強い信頼関係に基づく日米関係の将来を、より明るいものにして いきたいと考えておりますし、また、明るくなると本当に信じております。
 この機会に、モンデール大使からも一言ご発言をお願いしたいと思います。

○モンデール大使

 総理、どうもありがとうございました。総理から、ただ今、お話がありましたように 、総理と私は、たった今、普天間の非常に重要な機能が他の米国施設に移設されるのを 待って、普天間飛行場を今後、5ないし7年以内に返還することに同意いたしました。 今から、この実現に向けての努力が開始されます。
 沖縄基地問題の解決に、総理ご自身が強い関心を持ってくださったことに対し、深く 感謝を表明したいと思います。また、池田外務大臣と臼井防衛庁長官にも、このプロセ スを通じて緊密にご協力をしていただいたことに謝意を表明します。ペリー長官、米国 の司令官達、特に今晩同席しているディック・マイヤーズ在日米軍司令官の大きな尽力 に感謝すべきところもたくさんあります。SACOの委員会のメンバー全員にも称賛を 送りたいと思います。みんなで協力して、この過去数か月で過去20年間に行われた以 上に、沖縄県民の当然の関心に応えるために、真剣な作業をしました。
 沖縄では、アメリカ軍は隣人として住み、良い隣人でありたいと思っています。長年 にわたって、沖縄県民の方々が示してくださった、ご親切と友情を有り難く思ってい ます。
 作業を開始するやいなや、現在、普天間にある重要な能力を他の施設に移設することが中心 課題だということがはっきりしてきました。総理を始め、日本政府の指導者の方々が機 能を移設するために手段を取るように、強く勧めてくださいました。サンタ・モニカで も、この話が出ました。そして、そのための作業を日本の関係者とすることに同意した のです。
 数日中に、ペリー長官の訪日の際に、両国政府は、沖縄の関心に更に応えるための他 の非常に意味のあるたくさんの手段について発表いたします。これらの措置の多くは、 近い将来実施されます。
 普天間の返還と、その時に発表された大きな措置で、沖縄の米軍のプレゼンスのイラ イラの元と負担を大きく減らすことが出来ると思っています。それと同時に、我々の安 全保障上の義務を満たすために、我々に要求されている兵力と即応力を十分維持するこ とも出来ます。
 これらの手段を取るに当たって、3つの基本的な仮定に立って進めました。まず、第 1に、日米同盟関係は、両国にとって今までにも増して重要だということです。東アジ アの平和と繁栄は、この同盟の健全性に依存しています。そして、我々は、この日米同 盟を強化する決意で臨みました。第2に、沖縄の関心に応えるための、これらの行動を 取るに当たって、米軍の能力や、即応力を減らさない形ですることにコミットしました 。この目標を完全に満足させました。第3に、沖縄県民の方々の真の関心を満たすため に、我々の力の及ぶ限り、あらゆることをすることにコミットしました。
 総理の方から、今、お話がありましたように、このプロセスは易しいものではありま せんでした。これからのたくさんの措置を完了するために、精力的に協力が必要でした し、これからも、必要とされています。
 今日のこの決定と、クリントン大統領、ペリー国防長官の訪日が、次の世紀に向けて 、我々が永続的な同盟を構築するのに成功することを示す一助となることを希望する次 第です。

(質疑)

Q.今日の決定はですね、沖縄県が強く求めていたものなんですけども、これで沖縄県の要望していた目に見える形での基地の縮小が実現出来たと評価しているのか、また、基 地問題について沖縄県民の不満が解消され、理解が得られると思っておられるんでしょ うか。

○橋本総理

 まず、第一に、今日私たちが達成した合意は、これからそれを実現する責任 が私たちの上に課せられたということです。そして、5年ないし7年という期間を、そ の期間内に完了することが出来るか。あるいは、もっと早めることが出来るかは、これ からの我々自身の作業に掛かっています。
 私は、総理に就任した直後から、沖縄の皆さんに是非普天間の少なくとも将来の目標 だけは示して欲しい、と言われておりました。その約束にはお応えができたと思います 。それは、あくまでも第一歩です。
 これから普天間基地が全面返還の日を迎えるまでには、私たちは、より住民に負担の 掛からない場所を探しながら、既設の基地の中にヘリポートを造っていくことを始め、 我々自身が解決しなければならない課題をこの約束によって背負うことになります。
 また、普天間基地が全面返還をされる、それに向けて、その跡地の利用計画も県と協 力をしながら作っていかなければなりません。そのためにも様々な作業がいると思いま す。そして、この基地に多くの地主の方々も関係しておられる訳ですから、これからこ の合意が現実のものになるためには国も必死で努力をしなければなりませんけれども、 県にも共同で作業に加わっていただかなければなりません。まだどういう体制で臨めば いいのか、そこまで私も決断をし切れていませんが、今、当面、私なりに考え、先程お 願いをしましたのは、古川副長官の下に関係各省庁、更に沖縄県からも責任のある方が 加わっていただくタスクフォースを編成して、一体、全面返還のその日までに、どうい う手順で、どんな作業を必要とするか。そして、返還がされた時点で、我々は次のステ ップに、すなわち普天間の開発というものに、跡地利用にどう取り組んでいくかの、言 わば青写真を作るところから始めることになります。
 ですから、私は、沖縄の皆さんがこれを喜んでくださると信じています。それが現実 のものになるためには、我々は、これから一層大きな責任と努力を必要とするし、それ は、県と国が一体になって努力をしていかなければ解決できないことだということです 。

Q.モンデール大使にお伺いします。今回の日米間の交渉の過程で、我々はやっぱり、かなり普天間基地の返還については困難だというふうに仄聞しておりましたが、米側とし て、返還方針に踏み切られた最大の理由は何か。それと、東アジアの兵力維持に関して は維持出来るとおっしゃいましたけれども、返還に伴って将来的な兵力の削減低下とい うのは全く想定していないのか。その2点をお伺いします。

○モンデール大使

 今回発表いたしました計画でありますけれども、これで兵力の水準を 減らすというようなことは全然仮定いたしておりませんし、それから、私達が条約の下 で果たさなければいけない米国側が担っている能力だとか、それから、即応力とものを 劣化したり、軽減したりするものでもありません。
 私達が今回どういうことをしたかというならば、沖縄で私達が使っている空間だとか 、それから沖縄の人達に対するイライラの元というものに対して一体何が出来るのかと いうことをまず第一に考えました。それと同時に、私達としては、沖縄で非常に良い隣 人としてありたいので、沖縄の方々の関心事にも応えたいというふうに思った訳です。
 沖縄の方々が持っていらっしゃる関心というのは当然の関心だというふうに思いまし たので、それに私達としては応えたいというふうに思った訳です。その次に、私達が考 えましたのは、私達のしなければならない義務というものを果たすために、能力を減ら すことなく、また、兵力の水準を減らすことなく、沖縄の人達の希望にどういうふうに して応えることが出来るのか。どういうふうにして応えるためのコミットメントが出来 るのかということを考えました。そして、今晩、発表したような計画にたどり着いた訳 でございます。
 マイヤー司令官などの御意見も伺いまして、こういうような形でするならば、私達は 最も効率高く最も効果的な形でもって私達がやらなくちゃいけないことを果たし、また 、沖縄の方々の問題に応えることが出来るというふうに考えたからでございます。
 どうして普天間をこういうふうにしたのかというご質問に対してのお答えなんですけ ども、それは、沖縄問題に関する特別行動委員会におきまして、もしも私達が沖縄の人 達の声に耳を傾けるならば私達としては、この普天間の問題を避けては通れないという ふうに思った訳でございます。
 沖縄に行って沖縄の人達の声を聞きました。それから、沖縄に行って普天間の飛行場 を見てみました。そして、普天間の施設というものが大きな沖縄の地域社会の中に存在 しているということも見てまいりました。そして、普天間を避けて沖縄問題に効率よく 応えることは出来ないということが分かった訳でございます。
 また、サンタ・モニカにおきまして、総理の方からも沖縄のことをよろしくというふ うに要請をされました。それで、SACOの委員会の者達は、一体どういうふうにして 総理から要請されたことを実現出来るのかという作業に取り掛かった訳でございます。
 そして今晩お話したような形でもってお応え出来るということになった訳です。
 先程、総理の方からお話がありましたように、総理が大田知事と電話でお話をなさっ た後で、私も大田知事と電話で話をさせていただきました。そして、数日中に大田知事 が持っていらっしゃるかも知れない色々な疑問に応えるためにオニール総領事とそれか らローリング沖縄司令官を知事のところに伺わせて、そして、今回の発表しましたスケ ジュールその他内容などを大田知事にお知らせしたいというふうに思っています。

Q.橋本総理大臣にお伺いしたいんですけれども、沖縄の様々な基地の機能を国内の別の 基地に移すことについては、移転先の地元から様々な反発の声なんかも出ているんです が、こうした国内での調整にですね、これからどのように取り組んでいくお考えでしょ うか。

○橋本総理

 確かに、今、既に様々な声が私のところにも届いています。そして、新たな 負担をお願いすることになる皆さんには、我々は、これから全力を挙げて、その理解を 得るための努力をしていくという以外に、今日の時点で答えはありません。ただ、私は、 じゃあ普天間の基地はそのまま残しておくべきだったのか、我々にとってアジア太平洋 地域の安定は、是非保ちたいし、日本の安全を確保する上で米軍の助力を得たいと。そ の結果生じる負担は、このまま沖縄の皆さんに背負っていただき続けるというのが、国 民の声だとは私は思いたくありません。
 そして、今回、普天間について、今、発表しましたけれども、この後、SACOの作 業の中で、中間報告全部がパッケージとして15日には公表される訳です。我々は、そ こでした約束には、非常に大きな責任をこれから持っていかなくてはなりません。当然 のことながら、新たな負担をしていただかなければならない地域の皆さんに対し、どう すればその負担に応じていただけるのかをご相談し、お願いをし、解決をしていくのは、 すべてこれからです。
 しかし、私は、少なくとも、今まで長い期間、沖縄の皆様に背負っていただいた荷物 の一つを、少なくとも我々が全力を尽くすことによって、解決してあげることが出来る という道が開けただけでも、今、本当にホッとしています。そして、関係の方々も、そ して、それぞれの地域の方々も、同じような気持ちでこれを受け止めていただきたいと 心から願っています。

Q.総理、来週には、日米首脳会談を控えています。この普天間の返還は、クリントン大 統領の決断によるところも大きいと思いますが、逆にですね、首脳会談では、橋本総理 大臣の、その経済問題での決断を求められるんじゃないかということも予想されるんです が、その点はどうお考えになられますか。

○橋本総理

 どうして、そういう危険な話題を出すの。このしばらくの間、この普天間を 始めとした沖縄県の基地の問題と並行して、モンデール大使は、アメリカの問題点と思 われることを率直に私に提起をしてこられました。私も、今、誠意を持って、一生懸命 にそれに応える努力をしてきました。しかし、お互いに国内の経済問題を語り合うとき には、双方に妥協が必要です。しかし、少なくとも、昨年の自動車のような緊迫した状 況にないことだけは、2人の顔を見ていただければ、お分かりだと思います。

Q.モンデール大使に伺いたいんですが、今回の交渉のプロセスにおける、橋本総理のリ ーダーシップについては、どのように評価しておられますか。出来れば、具体的に伺い たいんですが。

○モンデール大使

 この問題につきましては、総理と、それから大統領の間でも、この問 題について、長い間作業をしてこなければいけなかった。すなわち、私達は、この問題 について、長いこと作業をして来なければいけなかったという状態にある訳です。それ で、先程お話ししたようなことを両サイドで、非常にタフなこと、難しい決断ではあり ましたけれども、また、深くいろいろ考えなければいけないことではありましたけれど も、両サイドにおきまして、そのような決定をすることになった訳です。総理は、非常 に精力的に、この過程に参画して下さいました。
 また、沖縄問題についての特別行動委員会も、非常に迅速に行動を取ってくれました。 この問題の初めから、この努力の先に立っていろいろと作業をしてくださいました。

Q.総理、最後に、一つお願いします。5年から7年という期限は、どういう視点で出て 来た訳なんですか。ご説明をお願いします。

○橋本総理

 例えば、普天間基地を、その都度、例えば、ヘリポートをどこか基地、他の 沖縄の基地の中に作るという条件があります。その、まず、適地を探すこと、そしてそ の地域の環境アセスメントを行うこと、そして所要の工事をしていくこと。そうした対 応と並行して、当然ながら、今度、普天間基地が全面返還をされる時点に備えて、跡地 利用の計画を県と国が一緒に作っていかなければなりません。そうした作業のプロセス を短ければ5年以内に出来るかも知れない。
 しかし、その作業で、例えば、環境アセスメントで最初の候補地が問題があるとなっ て、別の候補地を探すといったような事態が起こるかも知れない。そういうことを考え ると、多少のアロワンスが必要ではなかろうかという気持ちがありました。しかし、同 時に、先程申し上げたように、我々が、これは、むしろ我々というのは、政府と県が一 体になって努力をしていくことによって、その5年が縮められれば、それに越したこと はない。すべては、むしろこれから我々が払っていく努力がどれだけのスピードで最終 地点に到達できる用意を整えていけるかです。
 どうもありがとう。


−以上−