安倍総理会見

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

 先程、英国のキャメロン首相、そして、ドイツのメルケル首相と電話会談を行いました。そして、キャメロン首相とメルケル首相の双方に、英国とEUが協調し、市場の不安を払拭し、今後の予測可能性を高める明確なメッセージを迅速に発出するように求めました。
 また、先般の伊勢志摩サミットでの合意を踏まえ、G7が一致協力して世界経済の成長と、金融、為替市場の安定に全力を尽くしていくことで、完全に一致をいたしました。
 更に、日EU・EPAの年内早期妥結に向けた、日本の強い決意を伝えました。英国及びメルケル首相が強力なリーダーシップを発揮することを期待しています。
 そして、特にキャメロン首相に対しましては、英国で活動する日系企業がこれまで通り活動できるよう適切な対応を要請したところ、キャメロン首相から、日系企業を守るためにあらゆる手段を行使するという、力強いお話がありました。また、このことに関しましても、今後ともキャメロン首相と緊密に連絡を取っていくこととなりました。