本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

首脳外交、本格スタート! ~東南アジア3か国歴訪~

このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。

 

 安倍晋三内閣総理大臣は、総理就任後初の外国訪問として、平成25年1月16日~18日まで東南アジア3か国(ベトナム、タイ、インドネシア)を公式訪問しました。

1/16(水)ベトナム

1/17(木)タイ

1/18(金)インドネシア

地域の平和と繁栄を確保していきます!(対ASEAN外交5原則)

 安倍総理はASEANの対等なパートナーとして共に歩んでいくとの観点から、18日の日・インドネシア首脳会談後、「対ASEAN外交5原則」を発表しました。

<対ASEAN外交5原則>
  1. 自由、民主主義、基本的人権等の普遍的価値の定着及び拡大に向けて、ASEAN諸国と共に努力していく。
  2. 「力」でなく「法」が支配する、自由で開かれた海洋は「公共財」であり、これをASEAN諸国と共に全力で守る。米国のアジア重視を歓迎する。
  3. 様々な経済連携のネットワークを通じて、モノ、カネ、ヒト、サービスなど貿易及び投資の流れを一層進め、日本経済の再生につなげ、ASEAN諸国と共に繁栄する。
  4. アジアの多様な文化、伝統を共に守り、育てていく。
  5. 未来を担う若い世代の交流を更に活発に行い、相互理解を促進する。

*詳しくはこちら(官邸HP:開かれた、海の恵み―日本外交の新たな5原則―)

ASEAN諸国との経済連携を強化します!

投資・貿易の拡大やインフラ分野での協力を通じ、21世紀の「成長センター」の一翼を担うベトナム、タイ、インドネシアとの経済連携を一層強化します。

*ASEANについてはこちら(外務省HP:ASEAN(東南アジア諸国連合))

日・ASEAN間のパートナーシップを強化します!

2015年のASEAN共同体構築に向けたプロセスをあらゆる側面で支援するなど、日・ASEAN友好協力40周年を機に日・ASEAN間のパートナーシップを強化します。
 また、「JENESYS(21世紀東アジア青少年大交流計画)」(注)の後継として「JENESYS2.0」と名付け、ASEANを含むアジア諸国との間で新たに3万人規模の青少年交流を実施します。

*詳しくはこちら(外務省HP:安倍総理大臣の東南アジア訪問(概要と評価))

インドネシアに到着した、安倍総理(1月18日)

首脳会談や共同記者発表などの様子を動画でご覧いただけます

 安倍総理は、ベトナムのズン首相、タイのインラック首相、インドネシアのユドヨノ大統領とそれぞれ首脳会談、共同記者発表・会見を行いました。

1/16(水)ベトナム
ズン首相との首脳会談、共同記者発表など

1/17(木)タイ
インラック首相との首脳会談、共同記者発表など

1/18(金)インドネシア
ユドヨノ大統領との首脳会談、共同記者会見など

各国との首脳会談の成果

ベトナム

<日・ベトナム首脳会談>
(1)地域的課題を共有し、経済的に相互補完関係にある重要なパートナーとして、「戦略的パートナー シップ」を更に発展させることで一致しました。
(2)貿易・投資、インフラ整備等の分野及び政治・安全保障分野対話と協力をより積極的に推進する
とともに、国民レベルでの交流を更に強化することで一致しました。
(3)北朝鮮情勢、南シナ海情勢等の地域・国際情勢について意見交換をしました。

*詳細はこちら(安倍総理大臣のベトナム訪問(概要)(外務省HP))

ベトナムの面積、人口、主要産業、日本との関係などがこちらからご覧いただけます。

タイ

<日・タイ首脳会談>
(1)日本企業の拠点であり、基本的価値を共有するパートナーとして、「戦略的パートナーシップ」を更に発展させることで一致しました。
(2)経済連携協定の円滑な運用やタイにおけるインフラ整備も含め、緊密に連携することで一致しました。
(3)北朝鮮情勢、南シナ海情勢等の地域・国際情勢について意見交換しました。

*詳細はこちら(安倍総理大臣のタイ訪問(概要)(外務省HP))

タイの面積、人口、主要産業、日本との関係などがこちらからご覧いただけます。

インドネシア

<日・インドネシア首脳会談>
(1)今般のジャカルタでの豪雨による洪水被害に対し、お見舞いの意を表明するとともに、日本政府 として必要な支援及び協力を行う用意がある旨伝達しました。
(2)アルジェリアでの邦人拘束事案に関連し、卑劣なテロ行為により多数の犠牲者が出たことは断じて許されず、強く非難されるべきであること、また、テロとの断固たる戦いを共に進めていくことで一 致しました。
(3)経済、政治・安全保障、交流の3分野で協力を推進し、「戦略的パートナーシップ」を更に発展させることで一致しました。
(4)北朝鮮情勢、南シナ海情勢等の地域・国際情勢について意見交換をしました。

*詳細はこちら(安倍総理大臣のインドネシア訪問(概要)(外務省HP))

インドネシアの面積、人口、主要産業、日本との関係などがこちらからご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.