本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

安倍総理会見

 自然の地震ではない可能性のある地震波を、気象庁が探知いたしました。北朝鮮が核実験を強行した可能性があります。
 私からは既に、緊張感を持って情報の収集・分析を行う、そして国民への情報の適切な提供を行っていくこと、さらには、米国、韓国を始めとして中国、ロシア等関係国と緊密に連携していく、この3点の指示を出しております。
 もし、北朝鮮が核実験を行ったのであれば、断じて許容できません。強く抗議しなければならないと思っています。この後、閣議後にNSCを開催いたしまして、情報の共有・分析を行う予定であります。
 今後も米国、韓国と緊密に連携をしなければならないと思っております。杭州またビエンチャンにおいて、朴槿恵大統領、そしてまたオバマ大統領とも、北朝鮮の弾道ミサイルの件について意見交換をしたところでございますが、今後もしっかりと連携していく。また、現在日本は安保理の理事国でありますから、ニューヨークにおいても、もし北朝鮮が核実験を強行したのであれば、どう対応していくかということについて、連携を図っていかなければならないと考えています。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.