本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年3月7日(火) 安倍総理会見

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

 先ほど、トランプ大統領と電話会談を行い、今般の北朝鮮のミサイル発射は明確な安保理決議違反であり、地域や国際社会に対する明らかな挑戦である、そしてその脅威は新たな段階になっている、ということを日米で確認をいたしました。
 トランプ大統領からは、米国は100%日本と共にあるという発言があり、自分の発言は日本の国民の皆様にも紹介してもらいたいということであります。100%自分をそして米国を信頼してもらいたいということでありました。
 今後、日米であるいは日米韓で緊密に連携し対応していきたい、日本としても万全な態勢をとっていきたいと、こう考えています。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.