本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」

  • mixiチェック
  • このページをシェアする

(最終更新日:平成26年10月23日)

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは

  • 再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、一定価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度です。
  • 本制度で電気を売電する場合はその設備について、国の認定を必ず受ける必要があります。詳しくはこちら
  • 再生可能エネルギーはコストが高いなどの理由により、なかなか普及が進みませんでしたが、この制度によりコストの回収見通しが立ちやすくなり、より多くの人が発電設備を導入し、普及が進むと期待されています。
  • すべての電気使用者の皆様に毎月約225円程度(月300kWhの場合)ご負担いただき、そのお金は電力会社などが再生可能エネルギーを買い取る際の資金として使われます。詳しくはこちら
  • 賦課金については、工場など電力消費が多い事業所(国の認定が必要です)、東日本大震災の被災者の方は減免措置がございます。詳しくはこちら
  • 再生可能エネルギーが私たちの暮らしを支えるエネルギーの柱のひとつになるよう、日本全体で協力し育てていくための仕組みです

制度のわかりやすい説明についてはこちらをご覧ください

   
【パンフレット】
再生可能エネルギーの固定価格買取制度ガイドブック
(事業者用:2014年3月制作)
今年度の買取価格、設備認定等について掲載しています。
  【パンフレット】
みんなの育エネBOOK
固定価格買取制度の趣旨をわかりやすく 解説しています。

より詳しい情報は

なっとく!再生可能エネルギー
(資源エネルギー庁)

このページはPC版サイト用のページです。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.