本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

アベノミクス 成長戦略で明るい日本に!

(最終更新日:平成28年9月20日)

アベノミクス第三の矢として「日本再興戦略」を策定し、大胆かつスピードを持って成長戦略を実施しています。いわゆる岩盤規制に対する改革、「稼ぐ力」の強化、「世界でトップレベルの雇用環境」の実現、といった観点から改革に取り組んでいます。

新着情報

目次

「日本再興戦略2016」を閣議決定

 平成28年6月2日、回り始めた経済の好循環を、持続的な成長路線に結びつけ、「戦後最大の名目GDP600兆円」の実現を目指し、「日本再興戦略2016」を閣議決定しました。今後は、これに基づき、①新たな「有望成長市場」の戦略的創出、②人口減少に伴う供給制約や人手不足を克服する「生産性革命」、③新たな産業構造を支える「人材強化」の3つの課題に向けて、更なる改革に取り組んでいきます。

「日本再興戦略2016」のポイントをまとめました

   (最終更新日:平成28年7月8日)

経済対策を通じた『日本再興戦略2016』の実施の加速について

 平成28年8月2日に「未来への投資を実現する経済対策」が閣議決定されたところですが、この経済対策には、「日本再興戦略2016」の方向性を具体化する施策が多く含まれております。この度、これらの経済対策に含まれる成長戦略関連の施策について、資料を取りまとめましたので、公表いたします。

「産業競争力の強化に関する実行計画」(2016年版)及び「平成27年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書」を閣議決定(平成28年2月5日)

 平成28年2月5日、「産業競争力の強化に関する実行計画」(2016年版)及び「平成27年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書」を閣議決定しました。

  1. 「産業競争力の強化に関する実行計画」(2016年版)

    成長戦略に記載されている施策のうち、今後3年間で重点的に講ずべき施策を定めるもの。


  2. 「平成27年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書」

    2014年版の実行計画に掲げた施策を中心に進捗・実施の状況及びKPIレビューの状況を記載するもの。本報告書は産業競争力強化法に基づき国会に提出されました。

「成長戦略の進化のための今後の検討方針」(平成28年1月25日)

 平成28年1月25日、産業競争力会議において、「成長戦略の進化のための今後の検討方針」を取りまとめました。本検討方針は、2016年年央の成長戦略改訂に向けた検討課題を整理したものです。

「ベンチャー・チャレンジ2020」(平成28年4月19日)

地方も含め我が国全体において、世界市場に挑戦できるようなベンチャー企業が生まれ続けるエコシステムの構築を目指し、そのための政策の方向性等をまとめた「ベンチャー・チャレンジ2020」を日本経済再生本部において決定しました。今後は、これに基づき、政府一体的にベンチャー支援に取り組んでまいります。

日本再興戦略の実行に向けた法制定及び改正

日本再興戦略の実行に向けて、制定・改正した法律についてまとめました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.