文部科学大臣

文部科学大臣

とかい    きさぶろう

渡海 紀三朗

生年月日昭和23年2月11日
出身地兵庫県
衆議院議員兵庫10区、当選6回


経歴
昭和45年3月早稲田大学理工学部卒
45年4月株式会社日建設計
60年12月外務大臣 安倍晋太郎秘書

政歴
昭和61年より衆議院議員(当選6回)
平成 4年12月科学技術政務次官
 5年6月新党さきがけ結成
 8年1月新党さきがけ 政策調査会長
11年12月自由民主党復党
12年7月科学技術総括政務次官
14年1月衆議院 決算行政監視委員長
 10月文部科学副大臣
15年9月衆議院 決算行政監視委員長
16年10月衆議院 予算委員会理事
17年10月自由民主党 科学技術創造立国推進調査会長
 11月自由民主党 国際局長
18年10月自由民主党 財務委員長
19年8月自由民主党 政調会長代理
 9月文部科学大臣

資格
一級建築士(昭和50年12月)

プロフィール
 早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、(株)日建設計に勤務し、一級建築士として多くの設計を手がける。最後の設計は、神戸ユニバーシアードのメインスタジアム。
 昭和60年自治・建設両大臣を務めた父元三郎氏の遺志を継いで、昭和61年総選挙に出馬し初陣を飾る。平成4年に科学技術政務次官、平成12年に科学技術総括政務次官、平成14年に文部科学副大臣を務める。
 今回文部科学大臣として、ライフワークとする科学技術はもとより、「21世紀を担う人材の育成」を目指し、文教政策にも全力を尽くす決意。

信条
最善を尽くす

趣味
映画・音楽鑑賞

家族
妻、長女、次女