首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

国際交流会議「アジアの未来」晩餐会で演説


平成20年5月22日


国際交流会議「アジアの未来」晩餐会で演説の写真

 平成20年5月22日、福田総理は都内のホテルで、新聞社主催の第14回国際交流会議「アジアの未来」の晩餐会で『太平洋が「内海」となる日へ −「共に歩む」未来のアジアに5つの約束−』と題して演説しました。

 演説では拡大と発展をやめないネットワーク構築のため、アジア諸国が、視野を太平洋に広げ、このネットワークに参加していくための体力をつけること、必要な環境を整えることが必要であるとした上で、ASEAN共同体実現の断固支持、日米同盟の強化、平和協力国家として尽力、アジア・太平洋の知的・世代的交流のインフラを育成・強化、気候変動問題への取組み、低炭素社会の実現など日本が約束する5つの具体的行動について述べました。

 そして、結びに、「海を媒介として、ひとつの躍動するネットワークとなって伸びていくアジア・太平洋圏にありまして、そこに生きる人たちとの間に心と心の信頼をさらに強く通い合わせながら、日本と日本人は『共に歩む』絆をつくってまいりたい。」と述べました。

[総理の動き 一覧へ]