首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(第3日目)


平成20年5月30日


第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)閉会式で成果を述べる福田総理の写真1 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)閉会式で成果を述べる福田総理の写真2
第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)閉会式の写真 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)閉会式でクフォー・ガーナ大統領の挨拶後、握手する福田総理の写真
第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)後の共同記者会見の写真1 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)後の共同記者会見の写真2

写真をクリックすると拡大写真になります。


 平成20年5月30日、福田総理は、横浜市で3日間にわたって開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)の閉会式に出席、共同記者会見を行いました。

 閉会式では、まず、福田総理から議長サマリー(総括)が発表され、引き続き、共催者を代表として国連開発計画(UNDP)のケマル・デルビシュ総裁から、出席者を代表としてガーナ共和国のジョン・アジェクム・クフォー大統領からのそれぞれ挨拶がありました。

 その後、今後のアフリカ開発の方針を示す「横浜宣言」を採択したほか、今後の具体的取組を示すロードマップである「TICAD IV 横浜行動計画」、及び今後のプロセス実施状況の検証を行うため「TICAD フォローアップ・メカニズム」を発表しました。

 福田総理は、議長として閉会にあたり、「この3日間で我々の間で強い共感が生まれたことと思います。参加者からこれらTICAD IVの具体的成果が約1ヶ月後に開催されるG8北海道洞爺湖サミットでの議論に反映されることに対する強い期待が表明され、これは議長サマリーにも記されております。私自身もサミット議長としてその期待に応える所存であります。我が国外交史上類を見ない大規模な国際会議となったTICAD IVは皆様の多大なご協力、ご支援を得て成功裏にすべての議事を終了しました。」と述べ、会議を締めくくりました。

 閉会式終了後に、福田総理は、タンザニア連合共和国のジャカヤ・ムリショ・キクウェテ大統領(AUアフリカ連合議長)、国連のアーシャ=ローズ・ミギロ副事務総長、UNDPのケマル・デルビシュ総裁、世界銀行のオビアゲリ・エゼクウェシリ副総裁とともに共同記者会見を行い、「『アフリカ問題の解決なくして21世紀の安定と繁栄はなし』と言います。前回のTICAD III以降、アフリカは依然として紛争、飢餓やHIV(エイチアイブイ)/AIDS(エイズ)といった問題を抱えている一方、政治・経済両面での前向きな進展も見られます。アフリカの全ての国々が『元気なアフリカ』に向けた歩みを進め、それを日本が国際社会とともに力強く支援していくことがTICADの大きな目的です。また、この3日間で私は40名のアフリカ各国の首脳を含む合計で46名の皆様方と会談を行わせていただく機会を得ました。首脳の皆様方からは今回のTICAD IVの印象やアフリカの現状について大変忌憚のない貴重なご意見をうかがうことができました。これらの会談の成果については、それぞれの国との二国間関係のみならず、今後の我が国のアフリカ開発への取組に十分に反映させていきたいと考えております。」と述べました。

 また、この日は米国コロンビア大学のジェフリー・サックス教授と全アフリカ議会のゲートルード・モンゲラ議長とそれぞれ会談を行い、意見交換しました。


写真をクリックすると拡大写真になります。

米国コロンビア大学のジェフリー・サックス教授と福田総理の写真 全アフリカ議会のゲートルード・モンゲラ議長と福田総理の写真
米国コロンビア大学
ジェフリー・サックス教授
全アフリカ議会
ゲートルード・モンゲラ議長
【関連リンク】
 TICADIV 議長サマリーの概要(外務省)
 「横浜宣言」概要(外務省)
 「横浜宣言」元気なアフリカを目指して(外務省)
 TICAD IV 横浜行動計画(骨子)(外務省)
 TICAD IV 横浜行動計画(外務省)
 TICADフォローアップ・メカニズム(外務省)
 福田総理の演説・記者会見等-第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)共同記者会見(H20.5.30)
  総理の動き[ビデオ版] 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)共同記者会見-平成20年5月30日
 総理の動き 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(第1日目)(H20.5.28)
 総理の動き 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(第2日目)(H20.5.29)
 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(外務省)