首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

日本記者クラブで講演


平成20年6月9日


日本記者クラブで講演を行う福田総理の写真
写真提供:栗田格氏

  平成20年6月9日、福田総理は都内のプレスセンタービルで、「低炭素社会・日本」をめざしてと題して演説を行いました。 この演説では北海道洞爺湖サミットの主要テーマの一つである環境・気候変動問題についての具体的な政策として、革新技術の開発と既存先進技術の普及、国全体を低炭素化へ動かしていくための仕組み、 地方の活躍そして国民主役の低炭素化という4つの柱について説明を行いました。

 福田総理は演説の中で「地球環境問題も、何か派手なことをやれば解決するというものではなく、産業界のみならず国民ひとり一人が発想を転換し、そして世界の国々とともに、息長く着実にものごとを進めていくことが何よりも重要です。この問題は、経済、社会、コミュニティ、ライフスタイルの全てを変えていかないと対応できない問題なのです。」と述べました。