IT戦略本部(第7回)議事次第

電子政府の情報セキュリティ確保のためのアクションプラン

平成13年10月10日
情報セキュリティ対策推進会議

1.現状と課題

○ 2003年度までに「電子政府」の実現が予定されており、行政文書の電子化、ペーパーレス化及び情報ネットワークを通じた情報共有・活用や、国民、企業等との間の行政手続のオンライン化が行われることとなる。この結果、自宅や職場からインターネットを経由し、原則として、行政手続が24時間受付可能となり、国民や企業の利便性が飛躍的に向上することが期待されている。

○ その反面、ネットワークを通じてやりとりされる情報のコンテンツは、企業の営業秘密や個人情報といったものから、国家安全保障に関するものなども含まれており、情報システムの安全性が24時間確保されていなければ、「電子政府」に対する国民からの信頼は得られず、円滑に機能しなくなる。

○ このため、IT戦略本部において電子政府の実現の加速・前倒しが進められていることも踏まえ、電子政府の情報セキュリティ確保についても、以下のような諸方策をできるだけ前倒しして実施していくべきである。
 その際、サイバー空間には国境がない上、国と地方自治体がネットワークを介して接続される予定であることにかんがみ、総合的な安全性、信頼性の確保のためには、国際的な連携、地方自治体との連携及びその取組みの支援が重要であることに留意すべきである。

2.具体的な方策

(1) 情報セキュリティポリシーの実効性の確保

(2) 暗号の標準化の推進

(3) 情報システムの監視体制等の整備

(4) 緊急対処体制の整備

(5) 人的基盤の整備

(6) セキュリティ強化ソフトウェア等の研究

(7) 技術開発の実効性の確保

アクションプラン日程表