本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年3月8日(火)定例閣議案件

一般案件

 

社会保障に関する日本国とブラジル連邦共和国との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件

(外務省)

社会保障に関する日本国とスイス連邦との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府と中華人民共和国香港特別行政区政府との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とサウジアラビア王国政府との間の条約の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

脱税の防止のための情報の交換及び個人の所得についての課税権の配分に関する日本国政府とケイマン諸島政府との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

脱税の防止のための情報の交換及び個人の所得についての課税権の配分に関する日本国政府とバハマ国政府との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

東南アジアにおける友好協力条約を改正する第3議定書の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

1994年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第38表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する2009年6月15日に作成された確認書の締結について国会の承認を求めるの件

(同上)

 理事会の改革に関する国際通貨基金協定の改正の受諾について国会の承認を求めるの件

(同上)

カダフィ革命指導者及びその関係者の資産凍結等並びにリビアからの武器の輸入の禁止の措置について

(外務・財務・経済産業省)

 

国会提出案件

 

参議院議員中西健治(みんな)提出日本郵政グループの運営に関する質問に対する答弁書について

(内閣官房)

衆議院議員浅野貴博(民主)提出本年2月7日の「北方領土の日」における菅なお人内閣総理大臣の発言に関する再質問に対する答弁書について

(外務省)

衆議院議員浅野貴博(民主)提出北方領土を含む日ロ隣接地域における生態系の保全等に関する質問に対する答弁書について

(同上)

衆議院議員木村太郎(自)提出急増する準要保護児童生徒就学援助に関する質問に対する答弁書について

(文部科学省)

衆議院議員馳浩(自)提出スポーツ基本法案に関する質問に対する答弁書について

(同上)

衆議院議員馳浩(自)提出国技としての大相撲のあり方に関する質問に対する答弁書について

(同上)

衆議院議員服部良一(社民)提出使用済核燃料の処理に関する質問に対する答弁書について

(経済産業省)

衆議院議員木村太郎(自)提出後継者不足による社長交代率の低迷に関する質問に対する答弁書について

(同上)

衆議院議員中川秀なお(自)提出前経済産業省資源エネルギー庁長官の再就職問題に関する再質問に対する答弁書について

(同上)

衆議院議員橘慶一郎(自)提出公共交通におけるICカードの導入促進に関する質問に対する答弁書について

(国土交通省)

衆議院議員馳浩(自)提出北陸新幹線の早期の整備着工に関する再質問に対する答弁書について

(同上)

平成22年度第3・四半期における予算使用の状況を国会及び国民に報告することについて

(財務省)

平成22年度第3・四半期における国庫の状況を国会及び国民に報告することについて

(同上)

 

公布(条約)

 

国際通貨基金の投資権限を拡大するための国際通貨基金協定の改正

(外務省)

 

法律案

 

交通基本法案

(国土交通省・警察庁)

水質汚濁防止法の一部を改正する法律案

(環境省)

 

政 令

 

浄化槽法施行令の一部を改正する政令

(国土交通省)

 

用語解説

一般案件
国政に関する基本的重要事項等であって、内閣として意思決定を行うことが必要なもの
国会提出案件
法律に基づき内閣として国会に提出・報告するもの
法律・条約の公布
国会で成立した法律又は締結された条約を憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
法律案
内閣提出法律案を立案し、国会に提出するもの
政令
政令(内閣の制定する命令)を決定し、憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
報告
国政に関する主要な調査の結果の発表、各種審議会の答申等閣議に報告することが適当と認められるもの
配布
閣議席上に資料を配布するもの

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.