毎週の閣議案件 [最近の話題][連 載][バックナンバー]
注1:閣議案件内容については、トップページの「閣議決定資料」又は「連載」の「閣議決定資料・施策の解説」をクリックしてください。
注2:閣議案件の区分は次のとおりです。
「一般案件」とは、国政に関する基本的重要事項等であって、内閣として意思決定を行うことが必要なもの
「国会提出案件」とは、法律に基づき内閣として国会に提出・報告するもの
「法律・条約の公布」とは、国会で成立した法律又は締結された条約を憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
「法律案」とは、内閣提出法律案を立案し、国会に提出するもの
「政令」とは、政令(内閣の制定する命令)を決定し、憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
「報告」とは、国政に関する主要な調査の結果の発表、各種審議会の答申等閣議に報告することが適当と認められるもの
「配布」とは、閣議席上に資料を配布するもの

 |”毎週の閣議案件”を見る| |”閣議案件のバックナンバー”を見る


平成12年10月03日(火)

一般案件

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第24条についての新たな特別の措置に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件 

(外務省)

国会提出案件

衆議院議員保坂展人(社民)提出死刑と無期懲役の格差に関する質問に対する答弁書について

(法務省)

参議院議員竹村泰子(民主)提出政府の国際人権条約履行義務に基づく東京都知事発言への対応に関する質問に対する答弁書について

(外務省)

政令

刑事訴訟法及び検察審査会法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令

(法務省)

犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律の施行期日を定める政令

(法務省)

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令の一部を改正する政令

(大蔵省)