閣議決定・施策の解説等

生物化学テロ対策の推進について

(平成13年10月26日)


  1.  緊急テロ対策本部において決定された緊急対応措置の中ではNBCテロ対策の強化が示されているところ、本日NBC(核・生物・化学)テロ対策についての関係省庁会議(参加省庁等:内閣官房、内閣府、警察庁、防衛庁、郵政事業庁、消防庁、法務省公安調査庁、外務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、海上保安庁、環境省)を開催した。

  2.  会議では、米国における炭疽菌送付事件の広がりを受けた我が国での悪質な模倣犯の発生に対し、断固たる措置を取ることを確認。政府として、特に生物化学テロへの対処について、関係機関の対処能力強化、民間の協力も得た治療薬の備蓄等の対策を強力に推進するとともに、万一テロが発生した際の関係省庁の役割分担を改めて明確にし、相互に連携して万全の体制を取ることを申し合わせた。

  3.  併せて、国民の安全と安心を確保するため、正確で時宜を得た情報の提供に、引き続き最大限の努力を払うことを確認した。


生物化学テロへの対処について



 今回の米国における同時多発テロ及び炭疽菌による事案の発生、さらには国内での不審な郵便物事案が発生しているところ、我が国の生物化学テロに対する対処状況は以下のとおり。

1 不審な郵便物等への対処

 (1) 状況
 10月14日に初めて不審な郵便物が見つかって以来、連日日本各地で不審な郵便物が発見されている。いずれも警察等が不審物を確保し、地方衛生研究所又は国立感染症研究所等で検査を行ったところ、結果が判明した範囲では炭疽菌等の病原体は検出されていない。

 (2) 措置


2 生物化学テロの発生に備えた措置


3 生物化学テロ防止対策


4 今後執るべき措置

 10月12日、関係省庁会議において、以下の3点を今後重点的に推進すべき事項とした。





生物テロ対処関係省庁役割分担表*1

(発生時の対処)

1 患者への対応
(1)検知感染症サーベイランスの強化(症候群別サーベイランスを含む) 厚労省
保健・医療機関等との連携による不審な発病等の情報収集警察庁、消防庁 (→必要に応じ厚労省に提供)
(2)搬送患者搬送消防庁
(3)診断医療関係者に対して診断法の情報提供、注意喚起厚労省、文科省
確定診断支援体制、臨床検査機関情報の提供厚労省
(4)治療治療法・対処方法の情報提供厚労省、文科省
医療機関の防護設備の整備厚労省
医療提供厚労省、文科省
(5)薬剤予防薬・治療薬の確保厚労省
(6)ケアPTSDに対する心のケア厚労省、文科省

2 実働部隊対処(1の対応を越える場合の支援)
(1)教育訓練対処方法等に関する情報提供、研修厚労省、警察庁、防衛庁、消防庁、海保庁
(2)装備防護衣、検知器材等の配備警察庁、消防庁、防衛庁
(3)活動感染症法*2に規定する都道府県知事の措置の支援
1.患者搬送消防庁、警察庁、防衛庁、海保庁
2.治療施設、医療提供防衛庁
3.予防薬・治療薬の輸送・配布警察庁、防衛庁、海保庁
4.検知(汚染箇所の確定)警察庁、防衛庁、消防庁
5.拡大防止警察庁、防衛庁、消防庁、海保庁
6.除染(薬剤確保を含む)防衛庁

3 国民一般への対応
(1)広報被害状況、生物剤及び対処方法についての情報提供厚労省、警察庁、海保庁 (自治体との連携)
(2)相談窓口の設置厚労省 (自治体との連携)
(3)検診健康診断の実施厚労省 (自治体との連携)


(注)*1:内閣官房及び内閣府は、全体の調整を行う。
*2:「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」