菅内閣の一週間 首相官邸 トップページへ

菅内閣の一週間(7月4日〜7月10日)

前週次週
  国会 内政関係 外交・防衛関係 その他
7/4
(月)
自殺対策タスクフォース

最近の自殺の動向、岩手県からのヒアリング、緊急対応策の検討を議題に話し合われました。総理は、「この自殺の問題は、我が国での大きな社会的な課題でありますので、政治的に多少の変化があったからと言って取組を緩めていい問題ではないと思います。私も私の立場で全力を挙げてサポートしていきます」と述べました。


ナルィシュキン露大統領府長官の菅総理表敬

ロシアのナルィシュキン大統領府長官の表敬を受けました。総理は、エネルギー、原子力、青少年交流の分野での協力の進展に期待を示し、領土問題もしっかり議論して早期の平和条約締結につなげたい旨を述べました。ナルィシュキン長官は、日露間ではエネルギーを含め経済協力の可能性が広がっている。関係が良くなっており、様々な問題解決にとって良いとの旨を述べました。


7/5
(火)
平成23年度第2次補正予算閣議決定

大震災の当面の復旧対策に必要な経費として、原発事故の補償金支払い、被災者生活再建支援金の補助率の引き上げ、二重ローン対策などを盛り込んだ約2兆円規模の第二次補正予算案を閣議決定しました。


復興対策担当大臣の交代

松本復興対策担当大臣が同日、辞任したことに伴い、後任の大臣として、被災者支援チームの事務局長を務めるなど、これまでも復興関連の業務を担われてきた平野内閣府副大臣が任命されました


-KAN-FULL BLOG-

先を見すえて/菅直人直筆のページ

「2次補正予算案と、平野新復興相への期待」

7/6
(水)
衆・予算委員会

延長国会における諸課題に関して集中審議が行われました。


7/7
(木)
参・予算委員会

懸案事項に関して集中審議が行われました。


地域主権戦略会議

国の出先機関改革、補助金等の一括交付金化、地方自治体自らの判断と責任において行政を実施していく仕組みに改めるための義務付け・枠付けの見直し等について話し合われました。総理は、「今日も議論いただく出先機関の改革について、地方への移譲ということの方向性は決定しているわけですけれども、この問題をいかに進めていくのか、また一括交付金についてもかなり前進をしていますけれども、更なる良いものにしていくにはどうしていくのか、また義務付け・枠付けの第3次見直しについても、しっかりと方向性を出していただきたいと思っています」と述べました。

7/8
(金)
衆・本会議

原子力賠償支援機構法案の趣旨説明と質疑が行われました。

・安全保障会議

ソマリア沖・アデン湾での自衛隊による海賊対処行動に関する対処要項を定め、海賊対処行動にかかる内閣総理大臣の承認について決定しました。


情報セキュリティ政策会議

サイバー攻撃の発生、新たな情報通信サービスの急速な普及、東日本大震災の発生等の情報セキュリティをめぐる情勢の変化に的確に対応するため、国民を守る情報セキュリティ戦略の年度計画として「情報セキュリティ2011」などについて決定しました。


7/9
(土)

7/10
(日)
前週次週