菅内閣の一週間 首相官邸 トップページへ

菅内閣の一週間(8月22日〜8月28日)

前週

  国会 内政関係 外交・防衛関係 その他
8/22
(月)
参・本会議

平成23年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について、趣旨説明・質疑が行われました。

「日本に健全な森をつくり直す委員会」との意見交換

「日本に健全な森をつくり直す委員会」との意見交換を行いました。総理は、「私は植物が地球を救うという考え方を持っておりまして、そういう中で林業というか森のもつ意味はいろいろな意味で大きいと思っております。せっかく国土の3分の2が森林である我が国として、この森が必ずしも積極的な形で活用されていない状況をどのようにして作り直していくのか、正に、国として国家として取り組まなければならない課題だと思っております」と述べました。

8/23
(火)
参・財政金融委員会

平成23年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について、質疑が行われました。

古川宇宙飛行士との交信

総理は、進行役を務めた野口宇宙飛行士や、被災地から来られた小中高の生徒・児童たちと一緒に、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟に滞在中の古川聡宇宙飛行士と約20分間の交信を行いました。

バイデン米国副大統領との会談

総理は、アメリカ合衆国のジョセフ・バイデン副大統領と会談しました。総理は、バイデン副大統領の来日を心から歓迎するとともに、特に3月11日以降の米国による「トモダチ作戦」等を通じた支援を頂いたことや、副大統領の仙台訪問は、経済や観光の面でも正常に戻っていることを内外に示す絶好の機会であることに感謝したい旨述べました。バイデン副大統領は、東日本大震災のお見舞いを申し上げ、震災に直面した日本国民の態度に感銘を受けた、日本国民が示した決意や勇気は世界の模範である、日本は米国に謝意を示す必要はない、なぜなら米国で同じことが起きれば日本は米国と同じように支援するからである、一つ後悔していることがあるとすれば、もっと日本を支援できなかったかということである旨述べました。

8/24
(水)
地方制度調査会

第30次地方制度調査会の第1回総会を開催しました。地方制度調査会は、現行地方制度に全般的な検討を加えることを目的とし、内閣総理大臣の諮問に応じ、地方制度に関する重要事項を調査審議するため内閣府に設置されたものです。本日、委員の互選により東京市政調査会の西尾勝理事長が第30次調査会会長に選出され、菅総理から西尾会長に、東日本大震災を踏まえた基礎自治体の担うべき役割や行政体制などの在り方などについて、調査審議を求める諮問文が手交されました。総理は、「今年、発生した東日本大震災を経験する中で、改めて震災の発生時における地方公共団体、市町村という基礎自治体、都道府県という広域自治体の果たす役割が改めて再認識されたと感じています。地域のことは地域に住む住民が責任を持って決め、活気に満ちた地域社会を作っていくために、活発な議論と具体的な提言を出して、実りある調査会となるよう心からお願い申し上げます」と述べました。

8/25
(木)
8/26
(金)
・参・本会議

平成23年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について、採決が行われ、可決されました。

東日本大震災復興対策本部・緊急災害対策本部・原子力災害対策本部合同会合

東日本大震災復興対策本部(第6回)、緊急災害対策本部(第18回)、原子力災害対策本部(第19回)の合同会合を開催しました。 復旧の現状・主な課題への取組状況について報告や、除染に関する緊急実施基本方針が決定されました。さらに、福島県との協議の場の開催について報告がありました。総理は、「3月11日の発災から今日までの169日間、復旧・復興と原子力事故の収束にそれぞれの立場で全力をあげてきていただいたことに、改めて感謝を申し上げます。原子力災害を受けた地域では、放射性物質の除染が今後の大きな鍵となっています。そうした中で、「除染に関する緊急実施基本方針」を決定いただきました。住民が故郷に戻るための重要な第一歩であります。引き続き、様々な汚染形態に、省庁の壁を超えて総合的に対処する必要があります。さらに、地元の声も「福島との協議の場」を最大限に活用し、十分に受け止めていただきたいと思います」と述べました。


菅内閣総理大臣記者会見

総理は、「本日、私が特に重要視していた3つの重要案件が全て成立したことになり、本日をもって民主党の代表を辞任し、そして新代表が選出をされた後に総理大臣の職を辞する事といたします。大震災からの復旧・復興、原発事故の収束、社会保障と税の一体改革など、内閣の仕事は確実に前進しています。私の楽観的な性格かもしれませんが、厳しい条件の中で内閣としては一定の達成感を感じている」と述べました。

8/27
(土)
菅総理の福島県福島市訪問

総理は、福島市内で開催された第1回原子力災害からの福島復興再生協議会に出席し、原子力災害からの福島県復興再生に向けた協議を行いました。その後、福島県庁で佐藤雄平・福島県知事と復興に向けた意見交換を行いました。

8/28
(日)
前週