農林水産大臣

武部農林水産大臣 たけべ つとむ
武部 勤
生年月日昭和16年5月1日
本籍地北海道
衆議院議員北海道第12区(小選挙区)当選5回


経歴
昭和39年 3月 早稲田大学 第一法学部 卒業
昭和39年 4月 元総理三木武夫氏主宰の(社)中央政策研究所研究員
昭和48年 1月 日本青年会議所 社会開発委員

政歴
昭和46年 4月 北海道議会議員 初当選(以後連続4期)
昭和59年 1月 元副総理渡辺美智夫氏秘書
昭和61年 7月 衆議院議員 初当選(以後連続5期)
平成 2年 2月 北海道開発庁政務次官
平成 3年11月 自由民主党農林部会部会長代理
平成 4年12月 運輸省政務次官
平成 6年 5月 自由民主党交通部会長
平成 6年10月 自由民主党内閣部会長
平成 8年11月 衆議院商工常任委員長
平成 9年 5月 自由民主党中心市街地再活性化調査会事務局長
平成10年 8月 自由民主党副幹事長
平成11年10月 衆議院法務常任委員長
平成12年 7月 自由民主党政調副会長
平成12年 7月 自由民主党過疎対策特別委員会委員長
平成13年 1月 衆議院議院運営委員会筆頭理事
平成13年 1月 自由民主党国会対策副委員長
平成13年 4月 農林水産大臣(小泉内閣)

プロフィール
 私が政治の道を志し、北海道議会議員に立候補したのは29歳の時でした。以来道議会議員を4期、衆議院議員を5期、政治家として30年目の節目を迎えました。
 三木武夫先生、中川一郎先生、渡辺美智雄先生、3人の師匠のもと、「がんばる人が幸せになれる国やふるさとをつくること」を政治信条に活動を続けて参りました。
 私の出身地は北海道であり、生まれたときから大自然の中で育って参りました。農業、林業、水産業の重要性、母なる山、川、海、大地、そして自然の恵みに感謝する気持ち、自然の驚異に恐れおののく謙虚な気持ち、このことが農村における日本文化の発祥の源になっている、このように思っております。
 私は元来、環境・健康・教育ということをテーマとして参りましたので、健康の基礎にもなる農業、漁業あるいは国土の自然環境を守る林業の重要性を痛感しており、小泉総理のご意志に対して、一次産業の分野において思い切った構造改革というものに取り組んで参ります。

信条
「愛と熱意と信念のあるところ、必ず道は開かれる」

趣味
絵画、スポーツ、音楽鑑賞(モーツアルト)