国土交通大臣

国土交通大臣

 きたがわ  かずお

北側 一雄
生年月日昭和28年3月2日
出  身大阪府
衆議院議員大阪第16区(堺市北東部)当選5回
弁護士 税理士


略  歴
昭和50年 3月創価大学法学部卒業
昭和56年 4月弁護士登録
平成 2年 2月第39回総選挙にて初当選(旧大阪5区)
12月衆議院決算委員会理事
平成 5年 2月衆議院安全保障委員会理事※平成5年6月まで
 7月第40回総選挙にて2期目当選(旧大阪5区)
 8月細川内閣 大蔵政務次官※平成6年4月まで
平成 6年 5月衆議院大蔵委員会理事※平成10年1月まで
平成 8年10月第41回総選挙にて3期目当選(大阪第16区)
平成10年 1月衆議院予算委員会理事※平成11年1月まで
平成11年 1月衆議院科学技術委員長※平成12年1月まで
平成12年 1月衆議院国家基本政策委員会理事※平成16年9月まで
 6月税理士登録
 6月第42回総選挙にて4期目当選(大阪第16区)
 6月公明党政策審議会長(同11月 政務調査会長と名称変更)※平成16年9月まで
平成15年11月第43回総選挙にて5期目当選(大阪16区)
平成16年 9月国土交通大臣就任


プロフィール
創価大学第1期生として卒業後、司法試験に合格、昭和56年に弁護士登録。平成2年衆議院議員に初当選。以来5期連続当選。細川内閣では大蔵政務次官に就任(平成5年8月〜平成6年4月)。
衆院科学技術委員長、予算委員会理事、大蔵委員会理事、安全保障委員会理事などを歴任。
2000年6月に政策審議会長(2000年11月から政務調査会長)に就任。与党の政策責任者として「生活者の視点から、改革をリード」をモットーに児童手当や奨学金の拡充などを次々実現。
デフレ不況克服にむけた経済対策や雇用・中小企業支援のための予算編成・税制改正に尽力してきた。
交通や住宅のバリアフリー化を推進したほか、内閣に都市再生本部を設置するよう小泉総理に提案し、平成14年には「都市再生特別措置法」の制定を推進した。また、特殊法人改革や年金制度改革などでは、国民の視点にたって改革をリード。更に「あっせん利得処罰法」の制定や議員特権の廃止など政治改革も断行してきた。
平成16年9月第2次小泉改造内閣の国土交通大臣として初入閣。
趣味・資格
囲碁初段 観劇


信  条
「波浪は障害に遭うごとにその堅固の度を増す」


家  族
妻、二男