首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
[総理プロフィール] [総理演説等] [小泉総理の動き]
小泉総理の動き

 

日・仏首脳会談

平成13年7月4日

日・仏首脳会談に臨む小泉総理とシラク仏大統領
日・仏首脳会談に臨む小泉総理とシラク仏大統領

総理からシラク大統領へ能面のプレゼント
総理からシラク大統領へ能面のプレゼント


小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。
 平成13年7月4日、小泉総理は大統領府において、ジャック・シラク仏大統領との首脳会談を行いました。
 会談では、前日のジョスパン首相との会談に引き続き、日仏関係、日本経済、地球温暖化に関する京都議定書など幅広い分野にわたり、予定時間を延長して活発な意見交換が行われました。
 京都議定書については、小泉総理から、地球温暖化防止の実効性を高めるために、米国の復帰に向けて粘り強く話し合う方針を伝えました。シラク大統領は、京都議定書の早期批准が重要との従来の見解を改めて示す一方、日本の立場は理解する旨述べました。

 今回の米国、英国、フランス訪問を終えて小泉総理は、「率直で打ち解けた会談ができ、今後の外交交渉、2国間関係にも良い影響を与えていく経験だと思う」と感想を述べました。
 全ての日程を終えた小泉総理は、同日夕刻(日本時間7月5日)パリを経ち日本への帰路につきました。


関連リンク:日米首脳会談
日・英首脳会談
ジョスパン仏首相との会談