首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成15年12月
小泉総理の動き

 

イラクで亡くなった外務省職員の葬儀に参列


平成15年12月6日


哀悼のことばを述べる前に一礼する小泉総理の写真
(写真提供:共同通信)


 平成15年12月6日、小泉総理は東京都港区の青山葬儀所で営まれた故奥克彦大使、故井ノ上正盛書記官の葬儀に参列しました。
 2人の外務省職員は、11月29日、イラク復興支援のための会議に出席するためイラク北部を移動中のところを何者かに襲撃され、亡くなりました。
 葬儀は、奥、井ノ上両家と外務省の合同葬として執り行われ、小泉総理、衆参両院議長、各党党首や政府関係者、在日各国大使なども参列しました。
 小泉総理は、「イラクの復興支援のため懸命の努力をしてこられた極めて優秀な二人の外交官を失い、深い悲しみと残虐非道な犯行への強い憤りを感じます。お二人ともご家族の誇りであると同時に、日本国、日本国民の誇りでもあります。これからも政府はあなた方の遺志を受け継ぎ、国際社会と協力してイラクの復興に取り組んでまいります。」と哀悼のことばを述べました。