首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年11月
小泉総理の動き

 

日露首脳会談


平成17年11月21日


首脳会談を前に握手する両首脳の写真 全体会合で握手する両首脳の写真
文書に署名する両首脳の写真 共同記者会見に臨む両首脳の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。


小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。


 平成17年11月21日、小泉総理はロシア連邦のウラジミール・ウラジーミロヴィッチ・プーチン大統領と首脳会談を行ないました。
 首脳会談に続いて共同記者会見に臨みました。会見の冒頭小泉総理は、「本日、日露修好150周年の大きな節目にプーチン大統領が日本を訪問されたことを心から歓迎しております。日露関係は、一昨年採択しました『日露行動計画』に基づいて幅広い分野で順調に発展しております。この行動計画に基づく協力の拡大のために今回12本の文書を作成し署名しました。平和条約については、率直かつ真剣に議論を行ないました。私は北方四島の帰属の問題を解決して日露間に平和条約を締結するという重要な問題、可能な限り早期に締結するという方針に従いまして真剣な話し合いを続けることが我々指導者の責務だと確認することができました。日本とロシア間の関係は発展しております。この協力関係を更に強化してお互いの意見の相違を埋める努力をわれわれはしていきたいと思っております。」などと述べました。
 これに対してプーチン大統領は、「150年前、ロシアと日本の間に国交が樹立して、この出来事が今回の訪問の雰囲気を作りました。ここで強調させていただきたいのは、行なわれた交渉の内容が建設的で充実したものだったということであります。私たちは総理大臣と共に2003年の露日行動計画に基づいて幅広い二国間の事項を話し合いました。私たちは平和条約問題に大きな注目を払いました。ここで指摘しておきたいのは、ロシアと日本のパートナーシップ及び相互信頼に基づいてその問題の解決を探求していかなければいけないということです。それと同時に問題は複雑で、解決は簡単にならないことを認識しております。私たちはお互いに立場を説明しあうことが重要であると考えますので今後ともこのセンシティブな問題に関する対話を継続する意向が双方から表明されました。あらゆる分野における露日関係の発展は両国のためになります。」などと述べました。




関連リンク : 日露共同記者会見