首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成18年8月
小泉総理の動き

 

広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列


平成18年8月6日


広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式で挨拶する小泉総理の写真 広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式で黙とうする小泉総理の写真

小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。

 平成18年8月6日、小泉総理は、広島市中区の平和記念公園で開催された原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列しました。
 61回目の「原爆の日」に行われたこの式典には、被爆者や遺族ら約4万5千人が参列し、秋葉忠利広島市長と遺族代表が、今年1年間に死亡が確認された原爆死没者名簿を慰霊碑に納め、遺族、子ども、被爆者の代表や小泉総理など来賓が献花した後、原爆が投下された午前8時15分、遺族代表と子ども代表による「平和の鐘」に合わせて1分間の黙とうが行われました。
 秋葉市長の「平和宣言」に引き続き、子ども代表が「平和への誓い」を読み上げました。
 挨拶に立った小泉総理は、「わが国は人類史上唯一の被爆国として、その経験を国際社会に語り継いでいく責任があります。広島、長崎の悲劇は何処においても、再び繰り返されてはならないとの決意の下、わが国は戦後61年の間、不戦の誓いを体現し、実行してまいりました。」「今後とも憲法の平和条項を遵守し、非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて国際社会の先頭に立ち続けることを改めてお誓い申し上げます。」と述べました。

関連リンク:広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式 内閣総理大臣挨拶(H18.8.6)



映像による総理の動き・総理の記者会見は
政府インターネットテレビ

※ 番組をご覧いただくためには、Windows版 Microsoft Internet Explorer6.0以上またはNetscape4.7のブラウザが必要です。