首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成18年8月
小泉総理の動き

 

「故橋本龍太郎」内閣・自由民主党合同葬儀


平成18年8月8日


祭壇に献花する小泉総理の写真 追悼の辞を読み上げる小泉総理の写真

小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。

 平成18年8月8日、「故橋本龍太郎」内閣・自由民主党合同葬儀が都内の日本武道館で行われました。
 皇太子殿下をはじめ皇室関係者、衆参両議院議長、最高裁判所長官や政財界の代表、143カ国の外国弔問特使、在京大使など約4600人が参列して、7月1日に68歳で亡くなった橋本龍太郎元内閣総理大臣のご冥福を祈りました。
 遺骨は、喪主の久美子夫人ら遺族とともに午後2時に到着し、祭壇の下に安置されました。安倍官房長官の開式の辞に続いて、1分間の黙とうの後、故人を偲び、生前の橋本元総理の姿が映写されました。
 葬儀委員長を務めた小泉総理は、追悼の辞で、行政改革、社会保障・福祉、外交、地球環境問題などにリーダーシップを発揮したことを挙げ、「その類まれなる先見性をもって、二十一世紀の我が国の姿を見据え、必要な改革は痛みを伴うものでも躊躇なく断行された。」と述べました。
 

関連リンク:「故橋本龍太郎」内閣・自由民主党合同葬儀における追悼の辞(H18.8.8)



映像による総理の動き・総理の記者会見は
政府インターネットテレビ

※ 番組をご覧いただくためには、Windows版 Microsoft Internet Explorer6.0以上またはNetscape4.7のブラウザが必要です。