中小企業対策


中小企業対策


「総合経済対策」の一つとして、過去最大の事業規模2兆円の中小企業対策を行い、貸し渋り対策やベンチャー支援をいっそう充実させました。


title1

1.政府系金融機関の融資などの対象を拡大しました。

本来、中小企業金融の対象となるべき企業が信用保証や政府系金融機関の融資などを受けられるようにするため、中小企業信用保険法等の一部改正により、対象となる「中小企業」の範囲が拡大されました。

表1

これにより、対象企業が約2万企業拡大。新たに対象となる企業の従業員数は約280万人。

●中小企業金融公庫/環境衛生金融公庫/中小企業信用保険公庫/全国信用保証協会連合会/中小企業事業団

2.担保半分の特別貸付制度等を創設しました。

●中小企業金融公庫/商工組合中央金庫/国民金融公庫

●運転資金の貸付枠
中小企業金融公庫・商工組合中央金庫
口口口口口口口口口口口別枠8,000万円
国民金融公庫口口口口別枠4,000万円

3.マル経融資(小企業等経営改善資金融資)

●国民金融公庫

4.信用保証・保険ニーズに積極的的に対応します。

●中小企業信用保険公庫/全国信用保証協会連合会


title2

1.創造的な中小企業を支援します。

2.物流・製造拠点を強化します。

3.中小企業の情報化を推進します。

4.中心市街地の中小小売業活性化を図ります。



title3

1.中小企業投資促進税制を創設しました。

取得価額の7%の税額控除、または30%の特別償却

2.中小企業の研究開発費税額控除制度を拡充しました。


雇用調整助成金

最近の厳しさを増す雇用情勢への対策の一つとして、雇用調整助成金の助成率の引き上げなどを行い、雇用の安定を図ります。

景気の変動などに伴って事業活動の縮小を余儀なくされ、休業、教育訓練または出向を行った事業主に対し、休業手当、賃金または出向労働者のための賃金負担額の一部を助成して失業の予防を図ることを目的とした制度が雇用調整助成金です。

表2


戻る