配布資料一覧

GPA(Grade Point Average)制度について



 米国において一般的に行われている学生の成績評価方法の一種である。一般的な取扱いの例は次のとおりである。

@ 学生の評価方法として、授業ごとの成績評価を5段階(ABCDF)で評価し、下記のとおりグレード・ポイントを付与し、この単位当たり平均(GPA=Grade Point Average)を出す。
A−4  B−3  C−2  D−1  F−0

A 3セメスター(1年半)連続して、GPAが2.0未満の学生に対しては、退学勧告がなされる(ただし、これは突然退学勧告がなされるわけではなく、学部長等から学習指導・生活指導等を行い、それでも学力不振が続いた場合に退学勧告となる。)。

B 単位修得はDでも可能であるが、卒業のためには通算のGPAが2.0以上であることが必要とされる。

 なお、このような取扱いは、1セメスター(半年)に最低12単位、最高18単位の標準的な履修を課した上で成績評価し、行われるのが一般的である。