財政制度等審議会委員

林真理子


 はやし  まりこ
林 真理子


 作 家


経歴
昭和29年4月1日山梨県に生まれる
昭和51年日本大学芸術学部文芸学科を卒業
コピーライターを経て、
昭和57年エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を出版
昭和59年処女小説「星影のステラ」が直木賞候補に選出されたことを機に、執筆業に専念
昭和61年「最終便に間に合えば」「京都まで」により第94回直木賞を受賞
平成 7年「白蓮れんれん」により第8回柴田錬三郎賞を受賞
平成10年「みんなの秘密」により第32回吉川英治文学賞を受賞
平成12年直木賞選考委員に就任


主な著書
「ミカドの淑女」「素晴らしき家族旅行」「女文士」「幸福御礼」
「不機嫌な果実」「強運な女になる」「着物をめぐる物語」
「みんなの秘密」「葡萄物語」「コスメティック」「ロスト・ワールド」
「美女入門PART1,2,3」「死ぬほど好き」「花探し」
「ミスキャスト」「紅一点主義」「初夜」など