2002年ノーベル物理学賞受賞者

小柴昌俊


 こしば   まさ とし
小柴 昌俊



 東京大学名誉教授



略 歴
昭和 元年愛知県に生まれる
昭和26年東京大学理学部物理学科卒業
昭和30年ロチェスター大学大学院修了
昭和45年東京大学理学部教授
昭和49年東京大学理学部に高エネルギー物理学実験施設(現東京大学素粒子物理国際研究センター)を設立、ドイツ電子シンクロトロン研究所(DESY)における国際協同実験DASP、JADEを組織
昭和60年ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章受章
昭和62年
〜平成9年
定年退官、東京大学名誉教授
東海大学理学部教授


専 門
素粒子物理学、宇宙線物理学


研究業績

宇宙線分野

宇宙線の超新星起源を初めて指摘
宇宙線による素粒子相互作用の解明を進めたこと
ミュー中間子束に関する初めての組織的研究

素粒子物理学分野

新粒子 Pc の発見、グルーオンの発見など
統一ゲージ理論の精密な検証
大型水チェレンコフ検出器による地下実験 Kamiokande を提案(昭和53年)
岐阜県神岡鉱山において同実験を開始(昭和58年)
Kamiokande 装置により、16万光年のかなたにある超新星 SN1987A からのニュートリノを捉え、世界で初めて超新星爆発からのニュートリノの観測に成功、
これによりニュートリノ天文学という新しい学問を切り開く
Super-Kamiokande 実験(Kamiokande の次期計画)においてニュートリノに質量があることを世界で初めて発見