中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員

野村萬斎


 のむら   まんさい
野村 萬斎

狂言師



略 歴
昭和41年野村万作の長男として生まれる
祖父・故六世野村万蔵および父に師事
昭和45年「靱猿」で初舞台
昭和59年「三番叟」を披く
昭和62年「狂言ござる乃座」を主宰。以降年2回のペースで公演を続ける。
昭和63年「釣狐」を披く
平成元年東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業
平成3年ジャパン・フェステイバルUKに「法螺侍」で参加
平成6年曾祖父・五世野村万造の隠居名"萬斎"を襲名
文化庁芸術家在外研修制度により渡英
平成7年「花子」を披く
平成9年「電光掲示狂言会」を演出、出演
平成11年「藪の中」の演出で芸術祭演劇部門新人賞受賞
「子午線の祀り」の演技で読売演劇大賞優秀男優賞受賞
平成13年ジャパン2001に「まちがいの狂言」(演出・出演)で参加
平成14年映画「陰陽師」の演技でブルーリボン賞主演男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞
8月より世田谷パブリックシアター芸術監督に就任予定
現 在
能楽協会会員
「狂言ござる乃座」主宰者
東京藝術大学非常勤講師
中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員
狂言以外の主な出演
映画 「乱」「陰陽師」
舞台 「ハムレット」「子午線の祀り」「オイディプス王」
NHK大河ドラマ「花の乱」
NHK朝の連続テレビ小説「あぐり」
NHK正月時代劇「蒼天の夢」
著書
「萬斎でござる」(朝日新聞社)
「狂言サイボーグ」(日経新聞社)