内閣府特命顧問

島田晴雄


 しまだ    はるお
島田 晴雄


 生年月日 昭和18年2月21日(東京)


 慶應義塾大学経済学部教授


学 歴
昭和33年3月慶應義塾普通部 卒業
昭和36年3月慶應義塾高等学校 卒業
昭和40年3月慶應義塾大学経済学部 卒業
昭和42年3月慶應義塾大学大学院経済学研究科 修士課程修了
昭和45年3月慶應義塾大学大学院経済学研究科 博士課程修了
昭和49年1月ウィスコンシン大学 博士課程修了
留 学
昭和42年9月-昭和45年8月コーネル大学(アメリカ合衆国)
昭和45年9月-昭和49年3月ウィスコンシン大学(アメリカ合衆国)
学 位
昭和42年3月修士(経済学)慶應義塾大学経済学研究科
昭和49年6月Ph. D(博士)(労使関係学)アメリカ合衆国ウィスコンシン大学
職 歴
昭和42年4月-昭和50年3月慶應義塾大学経済学部 助手
昭和50年4月-昭和57年3月慶應義塾大学経済学部 助教授
昭和53年5月-昭和57年3月経済企画庁経済研究所 客員主任研究官
昭和57年4月-慶應義塾大学経済学部 教授
昭和61年3月-昭和61年12月マサチューセッツ工科大学訪問教授
昭和62年1月-昭和62年3月ESSEC(経済経営グランゼコール)(フランス)交換教授
平成12年6月-東京大学先端科学技術研究センター客員教授兼任
役 職
政府税制調査会 委員(平成5年4月〜)
財政制度等審議会 委員(平成7年11月〜)
産業構造審議会 委員(平成6年11月〜)
対日投資促進委員会 部会長(平成6年6月〜)
政府行政改革推進本部 規制緩和検討委員会委員(平成6年-平成7年)
経済審議会 専門委員(昭和58年-平成12年)
財団法人社会経済生産性本部 理事(平成11年6月〜)
財団法人連合総研 理事(平成9年3月〜)
日本労使関係研究協会 理事(平成5年4月〜)
ILO(国際労働機構)IILS(国際労働研究所)運営委員(平成7年6月〜)
OECD(経済協力開発機構) コンサルタント(昭和63年〜)
男女共同参画会議(内閣府)専門委員(平成13年2月〜)
経済財政諮問会議(内閣府)専門委員(平成13年3月〜)
内閣府特命顧問 (平成13年9月〜)
主要著書
『痛みの先に何があるのか』(共著)平成14年
『明るい構造改革』 日本経済新聞社 平成13年
『日本経済 勝利の方程式』 講談社 平成13年
『高齢・少子化社会の家族と経済』(共著)NTT出版 平成12年
『「生活直結産業」が日本を救う』 NTT出版 平成11年
『行政評価』 東洋経済新報社 平成11年
『産業創出の地域構想』 東洋経済新報社 平成11年
『Market Power ──日本経済再生の鍵』PHP研究所 平成11年