曾野綾子

 その あやこ

曾野 綾子

(本名 三浦知壽子)

小説家


昭和 6年東京に生まれる
昭和28年三浦朱門と結婚
昭和29年聖心女子大学英文科卒業
昭和54年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章
(La Croce Pro Ecclesia et Pontifice)を受ける
昭和58年韓国ハンセン病事業連合会よりダミアン神父賞を受賞
昭和62年(『湖水誕生』により)土木学会著作賞を受賞
昭和63年フジ・サンケイグループより鹿内信隆正論大賞を受賞
平成 5年恩賜賞・日本芸術院賞受賞
平成 5年日本芸術院会員
平成 7年日本放送協会放送文化賞受賞
平成 8年パンティオン教皇庁立優秀芸術文学アカデミー会員
(Pontificia Insigne Accademia di Belle Arti e Lettre dei Virtuoso al Panteon)に任命される
平成 9年海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞を受賞
平成 9年海外邦人宣教者活動援助後援会代表として読売国際協力賞を受賞


主な著作
『無名碑』(講談社・1969年)
『地を潤すもの』(毎日新聞社・1976年)
『神の汚れた手』(朝日新聞社・1980年)
『時の止まった赤ん坊』(毎日新聞社・1984年)
『天上の青』(毎日新聞社・1990年)
『夢に殉ず』(朝日新聞社・1994年)
『神さま、それをお望みですか』(文芸春秋社・1996年)
『中年以後』(光文社・1999年)
『部族虐殺』(新潮社・1999年)
『現代に生きる聖書』(NHK出版・2001年)
『狂王ヘロデ』(集英社・2001年)
『原点を見つめて』(祥伝社・2002年)
『魂の自由人』(光文社・2003年)
『アラブの格言』(新潮社・2003年)


委員等
日本文芸家協会・理事
日本文芸著作権保護同盟・評議員
科学技術会議:生命倫理委員会・委員、政策委員会国際問題懇談会・委員
海外邦人宣教者活動援助後援会・代表
日本財団・会長
行刑改革会議・委員
内外情勢調査会・理事