首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コミュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン 第87号 =========================== 2003/03/20

 イラク情勢が緊迫化しているため特別編成にしています。

★☆ おんらいん読者感想 ☆★
  ※メールマガジンの登録者が対象です(3月26日まで)
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● イラク問題に対する日本政府の方針

[特別寄稿]
● みんなが悩んだ(外交評論家、内閣官房参与 岡本行夫)

[イラク関連情報]
● 小泉総理のインタビュー(03/03/18)
● 安全保障会議(03/03/18)
● 経済・金融関係閣僚等による会合(03/03/18)
● 官房長官記者会見(03/03/18)

[小泉内閣の動き 〜 イラク関連情報以外のもの]
● 知的財産戦略本部の初会合(03/03/19)
● 中央防災会議(03/03/18)
● 日・タジキスタン首脳会談(03/03/18)
● 日本銀行総裁内定者との会談(03/03/14)
● 「政府開発援助大綱見直しについて」の決定(03/03/14)

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
小泉総理大臣プロフィール
● イラク問題に対する日本政府の方針

 小泉純一郎です。

 先週に続いて、イラク問題についての政府の立場をご説明して、皆さんの
ご理解とご協力を得たいと思います。

 18日、ブッシュ大統領はテレビで演説し、48時間以内にフセイン政権
が自ら平和の道を選ばなければ武力行使に訴えざるを得ないと通告しました。

 私は、18日の午後、官邸で会見して、ブッシュ大統領の苦渋に満ちた決
断を支持することを皆さんに明らかにしました。

 日本は、今まで国際協調の下に平和的解決を目指して日本独自の外交努力
を続けてまいりました。ブッシュ大統領に対しては、直接あるいは電話で、
国際協調を得られるようにすることが大事だと重ねて強調してきました。

 ブッシュ大統領は今まで国際協調に向けて懸命の努力を続けてきたと思い
ます。ほかの国々もそうです。しかし、結局、今回国連安保理が一致結束し
て対応できなかったことは大変残念です。

 戦争か平和かと問われればだれでも平和と答えるでしょう。私もそうです。
しかし、問題は、大量破壊兵器を保有するイラクの脅威に私たちがどう対峙
するかです。イラクは12年間、国連の決議を無視し、大量破壊兵器の破棄
をしてこなかったのです。

 武力行使が始まると、犠牲者なしではすまされません。しかし、大量破壊
兵器、あるいは毒ガスなどの化学兵器、炭疽菌などの生物兵器が独裁者やテ
ロリストによって使われたら、何万人あるいは何十万人という生命が脅かさ
れます。フセイン政権がこれらの兵器を廃棄する意思がないことが明らかに
なった以上、これを放置するわけにはいきません。このアメリカの決断を支
持する以外に解決の途はないと思います。これが、支持の理由です。

 戦後50年間、日本が平和のうちに繁栄を築くことができたのは、日米同
盟関係の重要性を踏まえて、国際協調体制を堅持してきたからです。日本の
平和と安全を守るためにも日米の同盟関係を堅持しながら、今後も国際協調、
国際協力を追求していかなければならないと思います。

 たとえ、武力行使がはじまっても、日本は戦闘行為には一切参加しません。
もし、はじまった場合は、できるだけ犠牲を少なく速やかに終結することを
望みます。そして、イラクの戦後復興や国際社会への平和と安定のために、
日本は何ができるのか、何が必要かということを考えて、主体的に対応して
いきたいと思います。

 同時に、日本国民の安全の確保と、経済の混乱の回避に万全を期してまい
ります。

  難しい選択ですが、皆さんのご理解とご協力を心よりお願いします。

--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

外交評論家、内閣官房参与 岡本行夫プロフィール
● みんなが悩んだ(外交評論家、内閣官房参与 岡本行夫)

 アメリカの武力行使の可能性が高まって、僕はずいぶん悩みました。何と
か査察の継続で大量破壊兵器を押え込むことができないか、武力行使ではな
く外交的な手段で解決できないかと。官邸の関係者も同じでした。僕みたい
な下っ端と比較しては気の毒ですが、アメリカのパウエル国務長官も年末ぐ
らいまでは何とか戦争を避けられないかと考えていたと聞きます。

 僕は2月に入ってからサダム・フセインの非協力ぶりを見て、アメリカは
これでは引くまいと思いました。フセインは25万の大軍の圧力の下でよう
やく、しかもほんの一部だけ、大量破壊兵器を出してきました。アメリカが
包囲を解けばまた元の12年間無視の立場に戻るでしょう。

 武力行使が良くないと言うのは簡単だし、僕自身もそう論評してきました。
ただここに至って「武力なしでの問題解決」という最善の選択肢が消滅して
しまった後の日本の「次善の選択肢」としては、アメリカを支持することし
かないと思うのです。フセインが大量の毒ガスや細菌兵器を隠し持っている
ことはまず疑いないでしょう。でなければ彼は巨額の経済的損失をイラクに
もたらす国連の経済制裁を甘受し続けてきたはずがない。アメリカは国連に
見切りをつけて少数国だけで、その除去に乗り出したわけです。

 ひとつだけお伝えしたいことがあります。僕はこの問題で何回か小泉首相
とお話しする機会がありましたが、最終段階での小泉さんの揺らぎのない信
念には正直言って感銘を受けました。このような難しい決断を国民にわかっ
てもらうためには、小賢(こざか)しい論理や手続論をかざすのではなく、
自分の信念を正直に自分の言葉で語りかけるしかないと強い口調で言ってお
られました。僕はこれまでに日本の安全保障政策の難しい場面を幾度となく
目撃してきましたが、感心しました。小泉さんは戦争を何とか避けられない
かという思いでした。しかし、地球上の全人口を何度も繰返し殺害できるく
らいの大量破壊兵器をイラクの手から取り上げなければ、そうした兵器がや
がて世界中に拡散して取返しのつかないことになる。それにその行動の先頭
に立つアメリカは、いざというときに日本を守ってくれる唯一の同盟国であ
る。アメリカ支持しかない…。そのとおりだと思います。武力を行使せずに
このような恐ろしい脅威が除去できればベスト、しかし残念ながらそれはで
きなかった。みんなが悩んだ末、苦しい道をとりました。

 今はただ、少々荒っぽくてもこの苦しみの過程ができるだけ早く終結し、
双方の犠牲者が最小限にとどまることを祈るばかりです。

--------------------------------------------------------------------
[イラク関連情報]

● 小泉総理のインタビュー(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2003/03/18interview.html
  ブッシュ大統領のテレビ演説を受けての小泉総理のインタビュー
  イラク問題の現状についての政府の立場などを説明

● 安全保障会議(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/18anpo.html
<ビデオ>http://www.kantei.go.jp/jp/koizumivideo/2003/03/18anpo.html
  国内の重要施設の警備強化や出入国管理の徹底、国民の安全確保などテ
 ロ対策の強化を決定

● 経済・金融関係閣僚等による会合(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/18keizai.html
<ビデオ>http://www.kantei.go.jp/jp/koizumivideo/2003/03/18keiza.html
  イラク情勢の動きを受け、経済・金融市場の動向につき情報交換し、経
 済面において不測の事態が生じないよう幅広い意見交換を行い、今後とも
 関係各省等緊密に連携をとっていくことを確認

● 官房長官記者会見(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/rireki/2003/03/18_n.html
  安全保障会議、経済・金融関係閣僚等による会合について

--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き 〜 イラク関連情報以外のもの]

● 知的財産戦略本部の初会合(03/03/19)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/19chiteki.html
  知的財産の創造・保護・活用に関する施策を集中的かつ計画的に推進す
 るために設置された知的財産戦略本部の初会合の模様

● 中央防災会議(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/18bousai.html
  「防災情報システムの整備の基本方針」と「平成15年度総合防災訓練
 大綱」の決定など

● 日・タジキスタン首脳会談(03/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/18tajiki.html
  ラフモノフ大統領との首脳会談の模様
  両国の政治対話や友好関係を一層深めていくことを確認

● 日本銀行総裁内定者との会談(03/03/14)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/14nichigin.html
  日本銀行の新総裁に内定した福井俊彦氏らとの会談の模様
  デフレ克服など重要課題に積極的に取り組むよう要請

● 「政府開発援助大綱見直しについて」の決定(03/03/14)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2003/03/14oda.html
<ビデオ>http://www.kantei.go.jp/jp/koizumivideo/2003/03/14oda.html
  政府開発援助(ODA)大綱について、ODAを取り巻く情勢の変化等
 を踏まえた見直しの基本方針を決定

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 サダム・フセイン大統領に与えられた、最後の猶予期間である48時間が、
すぎようとしています。小泉総理は昨年来、平和的解決を目指して努力して
きました。しかし、フセイン大統領は国際社会に対し、誠意ある姿勢を見せ
ようとしませんでした。
 イランに戦争を仕掛け、クエートを侵略したのはフセインです。マスター
ドガスなどの化学兵器を使い、3万人のイラン人を殺しただけでなく、イラ
クの少数民族であるクルド人、つまり自国民を数千人、やはり化学兵器で虐
殺しました。大統領就任の会見において、会場にいる同士を裏切り者と名指
し、その場から連行して、直ちに処刑しました。この独裁者のもとに、あの
地下鉄サリン事件を7万2千回起こすことが出来る、VXガスを置いておい
ては、世界はとても危険です。もし、それを廃棄したなら、証拠は簡単に示
せます。世界は12年待ったが、彼はやらなかった。
 イラク国民も被害者です。彼らを戦火から救うのはイラク共和国大統領と
して、サダム・フセインの責任です。しかし、イラク国民のために、フセイ
ン大統領の英断を期待するのは、やはり無理だったのでしょうか。
 隣に脅威をかかえる盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領も、米国を支持し
ました。小泉総理にとっても、万やむをえない決断でした。(晋)
安倍内閣官房副長官プロフィール安倍内閣官房副長官
====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]

ご意見、配信に関する手続きなどは以下のホームページからお願いします。

<国政に関するご意見、配信に関するお問い合わせなど>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/
<携帯電話からの読者登録>
*http://www.kantei.go.jp/k/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎
編集長:内閣官房副長官 安倍晋三
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)