少子化への対応を推進する国民会議委員

鈴木光司


すずき     こうじ
鈴 木 光 司



 作 家




経 歴
昭和32年5月13日。静岡県浜松市生まれ。
昭和58年慶応義塾大学文学部仏文科卒業。
平成 2年   『楽園』日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。作家デビュー。
平成 3年   『リング』(角川書店)
平成 5年   『光射す海』(新潮社)
平成 7年   『らせん』(角川書店)
        『生と死の幻想』(幻冬舎)
平成 8年   『らせん』で第17回吉川英治文学新人賞受賞。
        『仄暗い水の底から』(角川書店)で直木賞候補。
平成 9年 9月新潮社よりエッセイ集『新しい歌をうたえ』出版。
平成10年 1月長編小説『ループ』出版。
      7月『家族の絆』語り下ろし社会評論 PHPより出版。
        『少子化への対応を考える有識者会議』委員。
     12月中央教育審議会専門委員。
平成11年 1月『バースディ』角川書店より出版。
      2月『ママとパパに聞かせたい27の話』海拓舎より出版。
      6月『少子化への対応を推進する国民会議』委員。
平成12年 1月『現在を生きろ』実業の日本社より出版。
      2月『パパだからできる』対談集 新潮社より出版。
      4月東京都青少年協議会委員。
      7月『わるガキ日記』翻訳、光文社より出版。
     10月絵本『涙』海拓舎より出版。
     11月『父性の誕生』角川書店より新書版で出版。
平成13年 1月対談集『天才たちのDNA』マガジンハウスより出版。
      4月長編小説『シーズ・ザ・ディ』新潮社より出版。
      8月旅行記『地球を走る』集英社より出版。
      9月長編小説『エール』徳間書店より出版。
平成14年 2月短編集『枝の折れた小さな樹』新潮社より出版。
      6月ベストファーザー賞受賞。
     10月ハリウッド版『リング』全米で大ヒット。
平成15年 4月長編小説『神々のプロムナード』講談社より出版。

高校教師であった妻に代り、ふたりの娘を育て上げた。ヨット、バイク、格闘技を愛する肉体派。2005年を目途にヨットでの太平洋横断を目指す。