首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コミュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン 第152号 ========================== 2004/08/26

★☆ 小泉内閣メルマガ英語版、携帯版の読者登録を受付中です。 ☆★
 英語版の登録はこちらから
 http://www.mmz.kantei.go.jp/add_e.html
 携帯版の登録はこちらから
 http://www.mmz.kantei.go.jp/add11.html

--------------------------------------------------------------------
□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● 夏休みを終えて

[大臣のほんねとーく]
● 反捕鯨は鯨を、そして人類を救うか?!(農林水産大臣 亀井善之)

[大臣、夢を語る]
● 若かりし頃(防災担当大臣/有事法制担当 井上喜一)

[特別寄稿]
● 国際化学オリンピック(理化学研究所理事長 野依良治)

[小泉内閣の動き]
● 沖縄県知事と米軍ヘリコプター墜落事故について会談 など

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
小泉総理大臣プロフィール 英語版はこちらから
夏休みを終えて

 小泉純一郎です。

 今週の月曜日、23日まで、都内で、たまの休みですからあれこれしよう
と思わないで、あらかじめ何の予定もたてずに、ゴロ寝しながら頭をからっ
ぽにするつもりで夏休みをとりました。

 ちょうど高校野球とオリンピックの時期でしたので、休み中は、連日、時
には夜遅くまで、テレビを見ながら応援していました。

 高校野球の決勝戦は打撃戦で、手に汗にぎるいい試合でした。

 オリンピックの日本選手団の活躍も、素晴らしいの一語に尽きます。何度
も感動しました。あの姿を見て何度も涙しました。

 柔道、水泳、体操、レスリング、そして陸上・マラソンなど、皆さんも感
動したんではないでしょうか。あと4日間、これからも日本選手の活躍に期
待し、応援したいと思います。

 日本選手団の旗手をつとめた、女子レスリングの浜口京子選手。京子さん
もよく頑張ったと思いますが、お父さんの応援ぶりも力が入っていました。

 試合後、「銅メダルでしたけど、私の人生の中では金メダル以上のものを
経験させていただきました。父の教えはすべて受け継いだと思います。今後
も命ある限り、家族みんなで仲良く過ごしていきたい。」と、はれ上がった
右まぶたにもかかわらず、晴れやかな表情で語った浜口選手の言葉。

 そして、「銅メダルでもいいんです。うちの家族は幸せだから、いいじゃ
ない。」というお母さんの言葉。

 素晴らしい家族だと感動しました。

 メダルをとれなかった選手も恥じることはありません。自らの目標に向か
って、これからも頑張ってもらいたいと思います。

 昨日、沖縄県の稲嶺知事にお会いして、13日に米軍の輸送用ヘリコプタ
ーが沖縄国際大学構内に墜落した事故について、意見交換しました。

 幸い死傷者は出ませんでしたが、大惨事になってもおかしくなかった事故
でした。沖縄県の皆さんの憤り、心配は当然のことであり、政府はアメリカ
に対して、事故原因の調査と再発防止に全力を尽くすよう求めていきたいと
思います。

 夏休みを終え、今週から、「官から民へ」の改革の本丸、郵政三事業の民
営化、そして「国から地方へ」の三位一体の改革を本格的に進めます。経済
財政諮問会議での民営化の具体案とりまとめの作業もいよいよ大詰めです。

 これからが小泉内閣の構造改革の正念場。気合を入れて、難問に立ち向か
っていきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------
[大臣のほんねとーく]
亀井農林水産大臣プロフィール
● 反捕鯨は鯨を、そして人類を救うか?!(農林水産大臣 亀井善之)

 産業としての捕鯨の一時停止が合意されてから、早くも22年が過ぎまし
た。この間、捕鯨に反対する人たちは、「鯨は絶滅の危機に瀕しているから
守らなければならない」とか、「豊かな日本人はもはや鯨を食べなくても生
活できる」などの理由で捕鯨の禁止を主張してきました。

 鯨は、本当に絶滅の危機に瀕しているのでしょうか。答はノーです。それ
どころか、国際捕鯨委員会(IWC)が管理する大型の鯨13種類はすべて
増加しており、特に、我が国が捕鯨再開を求めているミンククジラは、世界
中に100万頭以上も生息することが科学的に明らかになっています(19
48年のIWCの発足時から55年間で生息数は約4倍)。そして、こうし
た鯨の生息数の増加により、鯨がエサとして食べる魚介類の量は、人間の食
料として捕獲する量(年間1億トン弱)の3〜5倍にも達することが推定さ
れているのです。

 日本人は、5000年以上前から鯨を利用しており、鯨食が我が国の伝統
的な食文化の一つになっていることも忘れてはなりません。それぞれの国に
は長い歴史を通じて築きあげてきた食習慣や食文化があり、このような伝統
・文化については、お互いに尊重しあう必要があると思います。

 イタリアのソレントで開催された今年のIWC年次総会でも、捕鯨支持国
と反捕鯨国の議論が平行線をたどり、捕鯨再開は先送りになりました。世界
の人口が急速に増え、近い将来の食料不足が懸念される中、鯨も海洋生物資
源のひとつとして、「適切な管理の下で持続的な利用を行っていくこと」が
必要であると考えます。

 人間は、他のいきものの生命をもらって生きているのです。捕鯨問題を考
えるに当たっても、そのことを忘れてはいけないと思います。

--------------------------------------------------------------------
[大臣、夢を語る]
井上防災担当大臣/有事法制担当プロフィール
● 若かりし頃(防災担当大臣/有事法制担当 井上喜一)

 私の出生地は兵庫県の北播磨といわれるところだ。典型的な農山村地帯と
いえるだろう。

 小学生の時に大東亜戦争が勃発した。当時の状況は今でもはっきり憶えて
いる。

 やがて戦争が深刻化し、校舎も接収され、授業もままならなくなってきた。
空襲も激化してきたし、農業をやっていても食糧難がいよいよ進行していっ
た。やがて敗戦。戦後の混乱期にみられた悪性インフレが猛威をふるい、食
料とか衣料などの生活必需品が極端に不足し、きびしい生活が続いた。

 やがて農地改革がはじまり、農村社会が大変化を遂げていく姿を目のあた
りにした。農村社会の支配構造が根本的に変わっていったことを子供心に痛
感したものだ。社会の変化に大きな関心を持つきっかけになった。

 大学に入学し、全面講和か単独講和かの大きな政治的、社会的大問題にも
遭遇した。

 こんなことで次第に強く社会に目を向けるようになって今日に至ったよう
に思う。

--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]
理化学研究所理事長 野依良治氏プロフィール
● 国際化学オリンピック(理化学研究所理事長 野依良治)

 アテネでの五輪に先立って、2004年7月18日から27日までドイツ
のキール市で第36回国際化学オリンピックが開催されました。これは世界
約60カ国の高校生が理論と実験で化学の能力を競うもので、今年代表とな
った4人の高校生は、金メダル1、銅メダル3と健闘しました。

 金メダルを獲得した武蔵高校の川崎君は、現在まだ2年生であり、1年生
のときに国内で選抜されました。7月は世界の多くの国では学年の終わる時
期ですが、日本ではまだ1学期の終わりです。日本からの出場者はもともと
ハンディを背負っていますが、川崎君は世界中の高校生を相手に実に1年半
のハンディを跳ね返して金メダルを獲得したことになります。彼の知力と気
力はまことに立派というほかはなく敬服しています。

 教育における平等とは、機会均等を意味するのであって、結果の平等をめ
ざすものでないことは自明のことです。特に、高校生ともなれば、自らの才
能と適性を直視し、積極的に職業の選択を含めた人生設計を考えるべき時で
す。

 21世紀のわが国を担う特に才能に恵まれた若者は、その才能をさらに伸
ばしそれぞれの分野で世界をリードしてもらわなくてはなりません。優れた
能力をもつ生徒達にこのような活躍の場を与え、表彰することは、ひとりそ
の個人を励ますことにとどまらず、それに憧れ続こうとする多くの後輩を生
み出すことにもつながり素晴らしいことです。

 しかるに、わが国においては大学受験の壁が厚く、多くの高校生が、大学
入試の模擬試験と日程が重なったりして、能力と意欲がありながら国内のオ
リンピック選抜試験をあきらめているという話を聞きます。科学技術創造立
国を標榜するわが国として、次代をリードする人材の育成は最も重要なこと
です。このような特殊な才能に加え夢をもった子供達に自信をあたえ能力を
十分に伸ばしてやれる仕組みを考える必要があるのではないでしょうか。

※ 日本化学会ホームページ(第36回国際化学オリンピック)
 http://edu.chemistry.or.jp/oly/delegateIChO361.html

--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き]

● 沖縄県知事と米軍ヘリコプター墜落事故について会談(04/08/25)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/25okinawa.html
  稲嶺惠一知事が、事故原因の徹底的な解明と再発防止の徹底、再発防止
 策が講じられるまでの間の飛行停止についての要望書を小泉総理に手交

● ウガンダ首相との会談(04/08/25)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/25uganda.html
  ンシバンビ首相との会談の模様

● 地方六団体の代表と三位一体改革について会談(04/08/24)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/24tihou.html
  全国知事会など地方六団体の代表が、国と地方の税財政を見直す、三位
 一体の改革について、国庫補助負担金の改革案を小泉総理に手交

● 全国戦没者追悼式(04/08/15)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/15shusen.html
  59回目の終戦記念日に日本武道館で行われた式典の模様と小泉総理の
 式辞

● 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典への参列(04/08/09)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/09nagasaki.html
  被爆59周年を迎えた日に行われた式典の模様と小泉総理の挨拶

● 広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式への参列(04/08/06)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/08/06hirosima.html
  59回目の「原爆の日」に行われた式典の模様と小泉総理の挨拶

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 アテネでの日本選手の大活躍で、すっかり寝不足という方も多いのではな
いでしょうか。水泳、柔道、体操など、日本のお家芸の復活には、「やれば
できるんだ」と勇気づけられます。元野球少年の私としては、甲子園で、北
海道代表の駒大苫小牧が接戦の末優勝し、深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を
渡ったことも心躍る出来事でした。済美との大激戦は、球史に残る決勝戦と
なるでしょう。日本の若者たちのすばらしい顔、大きな舞台で堂々と競い合
い、精神的にも肉体的にも逞しい姿をみると、こちらまで元気になります。
日本の未来をつくるのはこの若者たちです。
 充電期間を終えた小泉総理はとても元気です。郵政民営化、三位一体の改
革、北朝鮮問題、イラク復興支援など、内外に山積する課題に立ち向かう準
備は出来ています。メルマガは、これからも小泉改革の動きをしっかりとお
伝えしていきます。(せいけん)


杉浦内閣官房副長官プロフィール杉浦内閣官房副長官

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(8月29日まで)
====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]

<バックナンバー・配信先変更・配信中止>
  https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎
編集長:内閣官房副長官 杉浦正健
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)