認定NPO法人 人道目的の地雷除去支援の会 理事長

飯田亮


いいだ    まこと
飯田 亮


 生年月日 昭和8年4月1日生

 東京都出身

 セコム株式会社取締役最高顧問



略 歴
昭和 8年 4月 1日東京都中央区日本橋馬喰町の酒類問屋・岡永商店(現・株式会社岡永)の五男として生まれる。
昭和27年 3月神奈川県立湘南高校卒業。湘南高校ではラグビー部を創設。
昭和31年 3月学習院大学政経学部経済学科卒業。学習院大学ではアメリカンフットボール部を創設。
大学卒業後は、父・紋治郎の経営する株式会社岡永に入社。
昭和37年 7月29歳で独立し、日本で初めての警備保障会社、日本警備保障株式会社を設立、代表取締役社長に就任。
昭和41年 6月日本で初めてのオンラインによる安全システム「SPアラーム」を開発。その後、全国体制を敷き、安全システムの多様化をはかり、社会への安全の普及に努める。
昭和49年 6月東京証券取引所第二部に上場。
昭和51年 2月代表取締役会長に就任。
昭和53年 5月東京証券取引所第一部に上場。
昭和56年 1月日本で初めての家庭用安全システムを発売。
昭和58年12月セコム株式会社に社名変更。
平成 元年 1月「社会システム産業元年」を宣言。安全システムで構築した情報通信ネットワークをベースに、安全、情報、医療、教育など社会にとって基盤となるような分野において、安心で便利で快適なサービス・システムを創造し、新しいトータルな社会システムの確立をめざしている。
平成 9年 6月代表取締役会長を退任し、取締役最高顧問に就任。

団体・公職
平成10年 3月〜認定NPO法人「人道目的の地雷除去支援の会」理事長
平成10年 3月〜日本卓球協会会長
平成14年 5月〜全国警備業協会顧問
平成14年 5月〜日本経済団体連合会常任理事
平成14年 7月〜特殊法人等改革推進本部参与会議座長

趣 味
釣り(トローリング)、ゴルフ