シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ

井村雅代



いむら    まさよ
井村 雅代



 昭和25年8月16日生


 大阪府出身



略 歴
小学校3年より大阪・堺市の浜寺水練学校に入門。
中学校1年よりシンクロナイズドスイミングを始める。
天理大学卒業後、中学校の教師をしながら指導に携わる。
昭和53年から日本代表コーチ。
昭和60年に井村シンクロナイズドスイミングクラブを設立。
以後、世界で通用するナショナルチームの育成に貢献。

主な実績
昭和59年ロサンゼルス五輪、デュエット(元好三和子・木村さえ子)銅メダル。
昭和63年ソウル五輪、デュエット(小谷実可子・田中京)銅メダル。
平成 4年バルセロナ五輪、ソロ(奥野史子)銅メダル。
平成 8年アトランタ五輪、チーム銅メダル。
平成12年シドニー五輪、日本シンクロ史上初のデュエット(立花美哉・武田美保)、チーム共に銀メダルを獲得。
平成13年第9回世界水泳選手権(福岡)において、日本シンクロ史上初の金メダル(デュエット:立花・武田)を獲得。
平成14年釜山アジア大会、ソロ(立花)、デュエット(立花・武田組)共に金メダル。