首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コミュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン 第199号 ========================== 2005/08/04

★☆ 英語版、携帯版の読者登録を受付中です。 ☆★  
(英語版) https://japan.kantei.go.jp/m-magazine/add_e_sele.html 
(携帯版) https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/keitai.html 
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● 「打ち水」で涼しく 

[大臣のほんねとーく]
● 国際観光交流の拡大(国土交通大臣/観光立国担当大臣 北側一雄)

[特別寄稿]
● 官から民への大政奉還(関西学院大学教授 村尾信尚)

[小泉内閣の動き]
● 国会議事堂周辺を視察 など
 
[特別企画]
● 少子化アンケートの結果について
● プレ200号企画読者投稿「メルマガと私」

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
小泉総理大臣プロフィール 英語版はこちらから
● 「打ち水」で涼しく

 小泉純一郎です。

 8月に入って、セミの声が聞こえるようになりました。官邸の庭からセミ
の声が聞こえるので、探してみると、木の根元にセミの幼虫が土からでてき
たあとの小さい穴がある。そのまわりを注意深く探すと、ありました、葉っ
ぱのうらにセミのぬけがらが。新官邸建設のために庭中を掘り返したのに、
よくセミの幼虫が生きていたものだと感心します。

 公邸のベランダに巣作りをしていたオナガも、4羽のヒナが先日無事に巣
立ちました。都心にいながら、暑い夏を生き抜いている動物や虫たちをみる
と、元気づけられます。

 連日、朝早くからつよい日差しが照りつけていますが、これに拍車をかけ
ているのが、「ヒートアイランド現象」。

 「ヒートアイランド現象」というのは、都市部の気温が周辺地域より高く
なること。都市化によって緑が減り、アスファルトの舗装道路やコンクリー
トの建物が増える、そしてビルのエアコンや自動車から排出される熱、こう
いうものがその原因と言われています。実際にはかってみると、真夏の道路
の表面温度は、60度を超えるそうです。

 昔はよく夏になると路地に水をまいたものでした。「打ち水」をすると涼
しくなる、昔の人の知恵はたいしたものです。

 その知恵をつかって、「打ち水」で都会の気温を下げようという実験が行
われるというので、先日見てきました。場所は、国会議事堂の前の道路。地
下鉄のわき水を道にまく。

 以前、東京周辺は、工場が地下水をくみ上げ過ぎて地盤沈下するというの
で、地下水の取水制限をしてきました。ところが最近は地下水位があがって
きた。地下鉄などでは地下水がたくさんわいて困る。これをいままでは川に
流したり、お金を払って下水道に捨てていた。

 「これはもったいない」というので、地下鉄のわき水を道路にまいて「打
ち水」にしようというのがこの実験。ただ水をまいて流れてしまっては効果
が少ないので、道路は保水効果のある特別な舗装にする。水まきの動力は太
陽光発電の電力を使う。

 こうすると、普通の道路の表面温度より10度ほど温度が下がるそうです。
大いに期待したいものです。

 この日は、虎ノ門の交差点にある共同溝の立坑(たてこう)も視察しまし
た。地中の巨大なトンネルで、私たちの生活に欠かせない電気、ガス、水道、
電話などライフラインの収納スペースです。共同溝にすれば、地震に強く、
中を通るライフラインの管理も簡単。道路を何度も掘り起こさなくてすみま
すし、電柱がいらなくなって街の景観もよくなる。

 地下40メートルまで作業用のエレベーターで降りてみましたが、都会の
真ん中にこんな大きな地下空間があるとは驚きでした。

 もうひとつ驚いたのは、トンネルの中では女性は作業できないということ。
聞いてみると、これは「女性の坑内労働の禁止」ということで法律で決めら
れているとのこと。スペースシャトルの船長を女性がつとめる時代に、まだ
こういう制限があるとはびっくりしました。希望すれば女性も働くことがで
きるように、さっそく法律の改正を検討するよう指示しました。

 今週は、いよいよ郵政民営化法案の審議が大詰めを迎えています。この法
案は、現在約38万人の公務員によって行われている郵便、貯金、簡易保険
の三事業を民間人に経営してもらう法案。

 火曜日の国会審議でも、「過疎地や離島の郵便局はなくならないように十
分に配慮した案になっていること」「民営化が実現すれば、郵便局では三事
業に限ることなく、民間ならではの知恵と工夫で、住民にとって便利なさま
ざまな事業を展開するようになる」ということを、わかりやすくていねいに
答弁しました。

 「百里を行く者は九十を半ばとす。」とも言います。気を引き締めて審議
に臨み、法案成立に向けて頑張ってまいります。

--------------------------------------------------------------------
[大臣のほんねとーく]
北側大臣プロフィール
● 国際観光交流の拡大(国土交通大臣/観光立国担当大臣 北側一雄)

 7月25日から中国における団体観光ビザ発給対象地域が全土へ拡大され
ました(*)。同日夕刻には、第一陣の訪問客が成田や関西空港などに到着
し、盛大な歓迎式典が開催されました。この日を契機に日中間の相互交流が
ますます深まるものと期待され、両国間の相互理解の進展にとっても記念す
べき大きな一歩となりました。

 小泉内閣は、「2010年までに訪日外国旅行者数を1000万人に倍増
させる」という目標を立てて観光立国の推進に取り組んでいますが、観光の
果たす役割には、単なる旅行者の数以上の意味があると考えています。

 「観光」の語源は、中国の古文書「易経」の「国の光を観る」に由来し、
人と人との交流という意味が含まれると言われています。交流の深まりは、
お互いの間に「相互理解」という根を張らせ、その根は、深く、太く、強く
育っていくものです。

 立派に育った根があれば、少々の雨や風、嵐に晒(さら)されても、ビク
ともしません。私は、観光交流を通じて、国と国との間でも、足腰のしっか
りした揺るぎのない関係を作ることができると考えています。

 観光は、自分自身を知ることにもつながります。旅行者にとっての魅力を
探る作業は、自分や自分の住む地域の魅力を再発見することでもあります。

 我が国は自然や文化、歴史のみならず、食も含めて、多くの観光資源に富
んだ国です。また、国民には「おもてなしの心」という伝統のホスピタリテ
ィがあります。潜在力を発揮できれば、我が国は世界有数の観光立国になる
ことが可能です。

 現在、ビジット・ジャパン・キャンペーンとして官民一体となって外国人
旅行者の訪日促進に取り組んでいます。昨年、世界から日本を訪れる旅行者
がはじめて600万人を超えるなど、既にその成果が現れ始めており、今年
は目標を700万人として取り組んでいます。

 小泉総理が示した2010年までに1000万人の目標を達成するため、
観光立国担当大臣として強いリーダーシップで取り組んでいこうと考えてい
ます。国民の皆様のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

* 従来、中国における訪日観光団体ビザ発給対象地域は5省3市(広東省、
 遼寧省、山東省、浙江省、北京市、上海市、天津市)に限られていた。

--------------------------------------------------------------------
村尾氏プロフィール
[特別寄稿]
● 官から民への大政奉還(関西学院大学教授、「日本21世紀ビジョン」
  に関する専門調査会生活・地域WGメンバー 村尾信尚)

 「21世紀ビジョン」、私は21世紀末のことを考えました。人口は今の
半分程度(6000万人)になるそうです。過疎地どころか人口ゼロ地帯が
出現しているでしょう。2050年には65歳以上のお年寄りが全人口の3
5%に。今で2割程度ですから、将来の街の光景はシルバータウン、いたる
ところで車椅子の渋滞が生じているかも・・。

 それにしても、気の毒なのは若者たち。たくさんのお年寄りを看(み)な
くてはならないうえに、私たちが残した700兆円を超える国・地方の借金
の返済に四苦八苦しなければいけないのですから。高齢者や官の重圧に、若
者たちは耐えられるでしょうか。

 巨額の赤字をつくり、融通の利かない官は、そろそろ退いてもらわなけれ
ばなりません。

 経済学者M.フリードマンは「自分のお金を自分のために使うとき、人は
真剣になるが、他人のお金を他人のために使うとき、人はそれほど真剣にな
らない」と述べていますが、前者は民間で後者は役所のことです。

 そして、今は軍事の分野でさえ民間に委託する時代。民でできないことは
ほとんどなく、官から民への大政奉還が急がれるのです。

 それでは民は、その受け皿たり得るでしょうか。幸いなことに、国民の約
6割が「社会のために役立ちたい」と考えています。NPO法人の数も今や
2万を超えました。

 「定年後 犬も嫌がる 五度目の散歩」以前こんな川柳がありましたが、
元気な高齢者はボランティア予備軍として期待できます。

 ピンチの日本を救うには、もう官に頼らず、それこそ私たちが全員野球で
取り組まなければなりません。高齢者、障害のある方、女性、外国人の方に
もどんどん活躍してもらいます。

 このことは、日本を、誰もが参加できるユニバーサル社会につくり変える
いいチャンスなのかもしれません。あなた自身が「タイタニック日本」を救
うのです。

※ 首相官邸ホームページ(日本21世紀ビジョン) 
  https://www.kantei.go.jp/jp/nihon21/index.html 

--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き]
● 日本・ナウル首脳会談(05/08/03)
  https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2005/08/03nauru.html 
  ナウル共和国のルドウィグ・スコティー大統領と会談

● インド洋津波遺児の表敬(05/08/01)
  https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2005/08/01tunamiiji.html 
  津波遺児たちが民族舞踊「アチェダンス」を披露

● 北方少年交流事業参加少年の表敬(05/07/29)
  https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2005/07/29hoppou.html 
  北方領土元居住者の3世など(北方少年)7人が小泉総理と歓談

● 国会議事堂周辺を視察(05/07/29)
  https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2005/07/29gijidou.html 
<ビデオ>https://www.kantei.go.jp/jp/koizumivideo/2005/07/29gijidou.html 
  ヒートアイランド対策で設置された散水装置などの視察の模様

--------------------------------------------------------------------
[特別企画]
● 少子化アンケートの結果について

 7月14日から24日まで行った少子化についての政策アンケートには、
2万3千件を超える回答をいただきました。結果の概要をご報告します。

(問1:回答者属性)

[性 別] 男性:41% 女性:58%
[年 齢] 19歳以下:2% 20代:19% 30代:46% 40代:18%
      50代:7% 60代:5% 70歳以上:2%
[子ども] 0人:44% 1―2人:44% 3人以上:11%


(問2:結婚しない人が増えている理由 複数回答)

    結婚に対する価値観の変化    68%
    独身生活が快適         54%
    経済的な不安がある       47%
    仕事と家庭の両立に不安がある  41%
    男女の出会いの場が少ない    22%
    仕事が忙しい          17%

 特徴的なところでは、「経済的な不安がある」を挙げる人は、男性で53%、
女性で43%、「仕事と家庭の両立に不安がある」を挙げる人は、男性32%、
女性で47%、と大きな男女差がみられました。

 また、「経済的な不安がある」を挙げる人は、10代・20代・30代・40代で
それぞれ54%・53%・46%・45%と年代が上がるに従って少なくなっており、
「独身生活が快適」を挙げる人は、44%・51%・56%・60%と年代が上がる
に従って多くなっています。


(問3:少子化に歯止めをかけるのに必要な政策 複数回答)

  1 子育て世帯に対する経済的支援を充実する       70%
  2 安心して子どもを生み育てられる生活環境を整備する  64%
  3 希望すれば誰でも預けられるよう保育所を増やす    55%
  4 出産退職後の再就職の環境を整備する         55%
  5 延長保育などきめ細かい保育サービスを充実する    53%
  6 不妊治療を含む妊娠・出産に対する支援を充実する   51%
  7 育児休業を取得しやすくする             51%
  8 小児医療・母子保健サービスを充実する        46%
  9 職場内託児所の設置を促進する            40%
  10 在宅勤務など働き方の多様化を進める         35%
  11 労働時間の短縮を進める               32%
  12 子育ての大切さを伝える教育や啓発を行う       30%
  13 子育て世帯向けの住宅を整備する           23%
  14 若者の就労を支援する                20%
  15 親子が気軽に集まって相談・交流できる拠点を整備する 19%
  16 政府が施策を講じるべきではない           3%

 特徴的なところでは、「不妊治療を含む妊娠・出産に対する支援を充実す
る」を挙げる人は、男性30%、女性67%と女性の支持が高く、子ども0人で
62%、1−2人で46%、3人以上で32%、と子ども数でも差がみられます。

 「子育ての大切さを伝える教育や啓発を行う」を挙げる人は、男性37%、
女性25%と男性の支持が高く、子ども0人で22%、1−2人で34%、3人以
上で45%、と子ども数でも差がみられます。

 上記結果の詳細はこちらからご覧いただけます。
  https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0804a.html 


 少子化対策のアイディアなど、少子化問題について日頃考えていることを
お聞きした記入式の質問には1万6千件を超えるご意見をいただきました。
今後、代表的な意見をメルマガ誌面でご紹介します。


● プレ200号企画読者投稿「メルマガと私」(第4回)

 200通を超える多彩な応募原稿の中から一部をご紹介します。

★☆★☆

 30代の私でもこの数年で世の中大変便利になったと感じます。特に、毎
週首相の所感が届くシステムなど、およそ子供の頃は考えられなかった話で
す。

 現在は関西在住ですが、小学生当時は埼玉県民でしたので、社会科見学で
国会議事堂へ行った際には「明らかにここは自分とは無縁の世界なのだ」と
感じたのを覚えています。今考えてみればおかしな自覚なのですが、国政に
ついての学習を受けていない子供はそんな目線であってもまたおかしな話で
はないとも思えるのです。

 インターネットやメールの普及による利点は、老若男女、地域を限定せず
に情報を送受できるところです。国政機関を無縁と感じた子供は中学生の時
行政について学習し、現在は日々仕事を探しながら木曜日を楽しみにする大
人となりました。

 国会議事堂の独特の雰囲気は実際に行って見なければ解らないものではあ
りますが、そこで働く方や様々な地域・職業の方の話は文章でも十分に伝わ
ってきます。

 ただ、もう少し平易な語句や表現を使うことで、子供が見ても解るような
メルマガが別にあればなぁと感じるこの頃。ご一考いただければ幸いです。
(兵庫県 34才 女性)


★☆★☆

 わたしは、1きゅうの、しかくしょうがいです、1ねんほどまえより、お
んせいのよみができるどこものけいたいで・こうどくしております。

 こうどくさせていただいてみますと、せいじが、ほんとうに、みじかなも
のにかんじるようになりました。これからも、かくりょうのかたがたの・ほ
んねをじゅうにぶんに、きかせていただくめるまがであるようきたいしてお
ります。

 なお、みえないので、へんなかんじをかいてもしつれいとおもい、ひらが
ながきにしました。

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 郵政民営化について、読者の皆さんから毎週たくさんのご意見が寄せられ
ています。参議院における民営化法案の審議もいよいよ大詰め。2日には、
審議の様子がテレビ中継されました。小泉総理の答弁はこれまで以上に丁寧
で分りやすかったのではないでしょうか。引き続き国会の論戦をどうぞご注
目ください。「良識の府」は必ず可決してくれるものと信じています。
 来週はいよいよ200号記念企画「メルマガ官邸座談会」が開かれます。
座談会にご参加いただく読者の皆さんには既にご連絡しています。メルマガ
読者とお会いするのは初めてなのでとても楽しみです。座談会の様子は20
0号誌面でご紹介しますのでどうぞご期待ください。(せいけん)

杉浦内閣官房副長官プロフィール杉浦内閣官房副長官
--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(8月7日まで)
====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]

<バックナンバー・配信先変更・配信中止>
  https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎
編集長:内閣官房副長官 杉浦正健
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)