首相官邸  
メールマガジン トップページへ

福田総理や閣僚からのメッセージや
全国各地でがんばる人の寄稿を毎週お届け
 パソコン版  携帯版  英語版

※ご利用条件やSSL非対応の方はこちら
 

−平成20年3月13日配信 福田内閣メールマガジン 第22号より−


[「きぼう」の第一歩。福田康夫です。]

福田総理大臣 プロフィール

 「きぼう」の第一歩。福田康夫です。

 春闘もいよいよ大詰め。昨日、多くの企業が、労働組合の要求に対する回
答を行い、給与を引き上げる考えを明らかにしました。

 去年の今頃と比べると、100ドルを超えた原油価格や米国経済の減速な
ど、景気の先行きに不安を感じつつも、ほとんどの企業が去年並みの給与引
き上げを確保する回答を行い、中には満額回答を行った企業もありました。

 これは、改革の果実を今こそ国民と分かち合うべきことや、経済を拡大す
るためにも給与の引き上げが必要だとの理解があったからだと考えています。

 政府としても、景気の先行きへの不安を少しでもやわらげるため、できる
かぎりの対策を進め、企業の前向きな努力を支えていきます。

 とりわけ、景気回復の波に乗り切れず、いまだに苦労されている中小企業
については、企業の体質強化や雇用の改善、地域活性化につながる政策を中
心とした成長力強化策をできるだけ早期に実施します。

 雇用をめぐる問題は、給与だけではありません。フリーターやアルバイト、
派遣社員などの非正規雇用は、最近の統計でも雇用全体の3割を超えていま
す。

 バブルの後遺症に苦しんだ時期でも、企業は、雇用を守るために努力して
きました。その中で、非正規雇用に頼らざるを得なかった時期がありました。

 しかし、これまで不安定な雇用に耐えてがんばってきた人たちのために、
ここで、経営者の皆さんには、もう一段の努力をお願いしたいと思います。

 安定した雇用は、消費を増やし経済の拡大にもつながります。企業と家計
は車の両輪。正規雇用を増やす必要性は、経済界もご理解いただけるはずで
す。政府も、そうした取組を後押しする政策を、早急にとりまとめていきま
す。

 一昨日、土井隆雄さんを乗せたスペースシャトル「エンデバー」が無事打
ち上げられました。

 日本を含む世界15カ国が協力して進めている国際宇宙ステーションに、
日本の実験施設「きぼう」を建設するのが、今回の土井さんの一番大きな任
務です。

 「宇宙に『日本の家』ができる。」

 打ち上げ前に土井さんはこのように語っていたそうです。待ちに待った
「日本の家」を築く第一歩が、今ようやく、踏み出されようとしています。
土井さんの活動の成功を、心より祈っています。

※ トピックス「きぼうの、その先へ〜1J/Aミッション」
 (政府インターネットテレビ)
 https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1717.html