首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ会議等一覧ミレニアム・プロジェクト成層圏プラットフォームプロジェクト [印刷用(PDF)]



ミレニアム・プロジェクト「成層圏プラットフォーム」
平成14年度評価報告書



1.ミレニアム・プロジェクト「成層圏プラットフォーム」の概要

(1) ミレニアム・プロジェクト

 平成11年12月、夢と活力に満ちた新しい千年紀(ミレニアム)を迎えるため、今後の我が国の経済社会にとって重要性や緊急性の高い情報化、高齢化、環境対応の3つの分野について、内閣総理大臣より、ミレニアム・プロジェクトが決定された。

(2) 「成層圏プラットフォーム」の概要

 ミレニアム・プロジェクトの3分野のうち、「環境対応」については、「燃料電池の導入」、「テクノスーパーライナーの運航」、「高度海洋監視システム(ARGO計画)の構築」と並んで、「成層圏プラットフォーム」に取り組むことになった。

ア 目標
 二酸化炭素等の温室効果気体の直接観測を行い、地球温暖化対策に資する成層圏プラットフォーム技術を確立する。

イ プロジェクトの概要
 平成15年度(2003年度)までに、成層圏における二酸化炭素の採取を行うための成層圏滞空飛行試験とともに、定点滞空技術の確立に必要な定点滞空飛行試験を開始する。

(3)成層圏プラットフォーム評価・助言会議の経緯

 ミレニアム・プロジェクトについては、省庁横断的な取り組みと官民の十分な連携を図ることはもとより、明確な実現目標の設定、複数年度にわたる実施のための年次計画のほか、有識者による評価・助言体制の確立を図るという、新しい試みが導入された。
 これを受け、「成層圏プラットフォーム」プロジェクトについても、平成12年5月22日第1回評価・助言会議が開催された。その後、平成13年6月21日第2回評価・助言会議において平成12年度評価報告書を、平成14年6月26日第3回評価・助言会議において平成13年度評価報告書を、それぞれ取りまとめた。
 この度、平成14年度について、平成14年度の事業実施報告書(別冊1)を基に評価報告書の作成方、要請されたところである。

2.平成14年度事業実施報告

 平成14年度における事業においては、別冊1のとおり、事業実施報告書を添付するが、その概要は以下のとおりである。

(1)総論

 当初の事業計画における平成14年度の目標をほぼ達成した。

(2)各論

ア 飛行船分野

  • 成層圏滞空飛行試験については、試験機の製作が完了し、メーカーより受領した。またサブスケール供試体による放船模擬試験を行い、その結果等を踏まえて飛行試験計画をまとめた。

  • 定点滞空飛行試験については、平成14年6月に基本設計、続いて平成15年3月に詳細設計を終了し、試験機の製作に着手した。また試験機の開発に必要な各種評価試験を行った。

  • 大気採取測定システムについては、平成13年度に製作したプロトタイプを基に実用機を完成させ、信頼性試験、航空機搭載試験を行い、動作確認を実施した。また、実用機を成層圏滞空試験機に搭載し、インターフェース確認を行った。

  • 両試験に必要な要素技術開発試験を実施し、膜材料の評価試験、小型飛行船による飛行制御基礎試験、電源系開発試験等多くの成果を獲得した。

  • 成層圏滞空飛行試験を行う北河原実験場の整備を完了した。また定点滞空飛行試験を行う大樹実験場については現在整地を終了し、格納庫、実験支援棟の整備を開始した。

イ 追跡管制分野

  • システム技術については、定点滞空飛行試験に向けて、システム仕様及び開発スケジュールの細部についての調整、確定を終えた。また、それを反映させた追跡管制システムの設計・製作を実施した。

  • 風観測・予測技術については、成層圏滞空飛行試験、定点滞空飛行試験に先立って局地的な固有の気象特性を解明すべく、それぞれの実験場に観測設備の据え付けを終え、観測による気象データの収集を行うとともに分析を開始した。

  • 飛行・運用シミュレーション技術については、インターフェース装置を製作して飛行・運用シミュレーションと追跡管制設備とのインターフェースの確立を終えた。更に、飛行船システムの要素技術試験データによってシミュレーションの検証を一部実施した。

ウ その他

 開発協議会を通じた産学官連携、広報活動等も実施された。
 関係機関技術連絡会においては、平成14度以降計10回の会合を開催したほか、必要に応じ、作業部会、分科会を発足させ、検討を行った。

3.平成14年度事業実施に対する評価と助言

(1)プロジェクト全体に対する評価と助言

「成層圏滞空試験」及び「定点滞空試験」に向けての準備、並びにそれらを支える各種「技術」の準備は着実に進んでいると評価できる。

今後の取り組みに当たって留意すべき点は次の通りである。

(ア)今後とも関係機関及びメーカーが互いに協力しあいながら挑戦的に開発作業を進めるべき。
(イ)これまでに得られた結果及びこれから得られるであろう諸結果を、何が実用に供されていくかの見通しも含め、ミレニアム・プロジェクト後に向けて活用できるよう整理していくことが必要。

(2)「飛行船分野」に対する評価と助言
 
飛行船分野において、成層圏滞空飛行試験機及び定点滞空飛行試験機に必要な要素技術研究開発については、着実に進められていると評価する。

今後の取り組みに当たって留意すべき点は次の通りである。

(ア)特に実施が間近である成層圏滞空飛行試験については、各パートを結合させた総合試験や、実際の試験を想定した習熟試験を早急に行うことが必要。
(イ)実機試験において予定外の事態が発生することを想定し、そのような可能性をあらかじめ洗い出しておくとともに、対応策を準備しておくことが必要。
(ウ)容器に採集された大気試料の分析について具体的に検討し、分析方針と要求内容を明確にしておくべき。また、連続測定装置との比較についてもさらに検討すべき。

(3)「追跡管制分野」に対する評価と助言

追跡管制の技術は、当初の計画にしたがってほぼ順調に事業が実施され、飛行試験の実現に向かってより具体的な成果が得られていると考えられる。

今後の取組みに当って留意すべき点は次のとおりである。

(ア)北東気流の予測及び霧予測については評価が不十分であるため、さらに数多くの年での評価が必要。