カクマ難民キャンプ視察(1月11日、カクマ)

カクマ難民キャンプはスーダン南部の内戦激化に伴うケニアへの大量の難民流入の事態を受けて、1992年7月に開設された。キャンプ内にはIRCの運営する病院が1つと診療所が5つあるほか、小学校が22校、中学校が3校、また、職業訓練施設(木工、裁縫、製靴、農業、タイプなど)も存在する。

戻る