本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年10月3日東京電力に関する経営・財務調査委員会

メイン画像:東京電力に関する経営・財務調査委員会であいさつする野田総理1

東京電力に関する経営・財務調査委員会であいさつする野田総理1

  • サムネイル:東京電力に関する経営・財務調査委員会であいさつする野田総理1
  • サムネイル:東京電力に関する経営・財務調査委員会で報告書を手交される野田総理
  • サムネイル:東京電力に関する経営・財務調査委員会であいさつする野田総理2

東京電力に関する経営・財務調査委員会で報告書を手交される野田総理

東京電力に関する経営・財務調査委員会であいさつする野田総理2

 平成23年10月3日、野田総理は総理大臣官邸で、第10回となる東京電力に関する経営・財務調査委員会に出席しました。

 野田総理は「委員会報告」を手交された後、あいさつで、「この調査の役割は、原子力損害賠償支援機構法で予定される特別事業計画のたたき台として大変重要な調査報告書になると思います。
 政府としても、この報告書を出発点として今後の特別事業計画プロセスに向け、東京電力の経営合理化について、厳しく検証をしていきたいと考えております。同時に電気料金制度の在り方と制度面の課題等についても、検討をさせていただきたいと思います。
 東京電力を巡る問題は、何と言っても1日も早い事故の収束、被害者への迅速な賠償を行うことと、加えて電力安定供給を行うということ、それぞれ難しい課題だと思います。難易度の高い課題を同時に実現していかなければなりません。」と述べました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.