本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年1月6日政府・与党社会保障改革本部

メイン画像:政府・与党社会保障改革本部であいさつする野田総理1

政府・与党社会保障改革本部であいさつする野田総理1

  • サムネイル:政府・与党社会保障改革本部であいさつする野田総理1
  • サムネイル:政府・与党社会保障改革本部であいさつする野田総理2

政府・与党社会保障改革本部であいさつする野田総理2

 平成24年1月6日、野田総理は総理大臣官邸で、政府・与党社会保障改革本部を開催しました。

 本日の会議では、「社会保障・税一体改革素案」について決定しました。

 野田総理は本日の議論を踏まえ、「本日、懸案でした『社会保障・税一体改革素案』を政府・与党として取りまとめました。
 素案であります。素案で終わっては意味がありません。国民世論を考えますと、『隗より始めよ』『身を削れ』という定数削減の問題と公務員人件費の削減も含めて、独法改革や特会改革を含めた行政改革とも一体となった考え方を持っている方が多くいらっしゃいます。私は、その国民世論を受け止めなければならないと思っています。
 社会保障と税の一体改革ではなく、政治改革、行政改革や経済再生とも一体となって取り組んでいく、大きな改革であるということを皆さんとお互いに確認し合いながら、これからが正念場ですけれども、ともに力をあわせて実現をしたいと思います。」と述べました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.