本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年3月11日東日本大震災一周年追悼式

メイン画像:東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理1

東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理1

  • サムネイル:東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理1
  • サムネイル:東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理2
  • サムネイル:東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理3
  • サムネイル:東日本大震災一周年追悼式で献花する野田総理1
  • サムネイル:東日本大震災一周年追悼式で献花する野田総理2

東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理2

東日本大震災一周年追悼式で式辞を述べる野田総理3

東日本大震災一周年追悼式で献花する野田総理1

東日本大震災一周年追悼式で献花する野田総理2

 平成24年3月11日、野田総理は、天皇皇后両陛下御臨席の下、都内で行われた「東日本大震災一周年追悼式」に参列しました。

 東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、発災1年を機に、国として、被災者を追悼する式典を開催するものです。

 式典には、野田総理をはじめ、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、菅前総理、元総理、遺族の方々などが参列し、先の大震災における犠牲者に対して追悼の誠を捧げました。

 野田総理は黙祷の後、式辞で、「多くの尊い命が一時に失われ、広範な国土に甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から、一年の歳月を経ました。
 亡くなられた方々の無念さ、最愛の家族を失われた御遺族の皆様の深い悲しみに思いを致しますと、悲痛の念に堪えません。ここに衷心より哀悼の意を表します。また、今もなお行方の分からない方々の御家族を始め、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。」と述べました。
 続いて天皇陛下がおことばを述べられ、その後、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官による追悼の辞、御遺族代表のことば、参列者による献花が行われました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.