本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年3月28日富士章受章代表スカウトによる表敬

メイン画像:「富士章」受章代表スカウトの表敬を受ける野田総理

「富士章」受章代表スカウトの表敬を受ける野田総理

  • サムネイル:「富士章」受章代表スカウトの表敬を受ける野田総理
  • サムネイル:「富士章」受章代表スカウトに励ましの言葉をかける野田総理
  • サムネイル:「富士賞」受章代表スカウトから「弥生(いやさか)」三唱を受ける野田総理

「富士章」受章代表スカウトに励ましの言葉をかける野田総理

「富士賞」受章代表スカウトから「弥生(いやさか)」三唱を受ける野田総理

 平成24年3月28日、野田総理は総理大臣官邸で、「富士章」受章代表スカウトの表敬を受けました。

 「富士章」は、スカウト運動内において、自分のため、人のために最も努力した栄誉ある記章であり、高校生年代から20歳未満の青少年男女のスカウトに与えられるものです。

 野田総理は、「富士章」を受章したスカウトたちの代表43人の方に、「「富士章」は大変栄誉のある章だと聞いています。日々の研鑚の積み重ねによって、受章されたと思います。
 昨年、1年間を振り返ってみると、東日本大震災の発災、大雪、集中豪雨、様々な困難が起こった年でした。今日、お集まりいただいたスカウトの皆様の中にも、大震災発災の際には、積極的に現地に入ってボランティア活動していただいた方、義援金集めに奔走していただいた方、被災地で子どもたちの遊び相手になっていただい方もいらっしゃると思います。こうした皆様のご支援に改めて私から心から感謝申し上げたいと思います。
 ボーイスカウト活動を通じて、培ってこられたリーダーシップ、奉仕の精神、協調性を日本の再生のために、国際社会の発展のために存分に発揮していただきたいと思います。」と励ましの言葉をかけました。

 その後、受章代表スカウトの代表者が「私はボーイスカウト活動を通して、唯一の自分を発見するということを目指してきました。「富士章」をとる上で、自分で考え、行動し、挑戦していくことの楽しさと家族や仲間の支えやこれほど大切なのかを感じることができました。これからも、唯一の自分を見つけるために、より多くのことに挑戦し、自分を磨いていきたいと思います。」と決意を述べました。

 最後に、受章代表スカウトから、スカウトの祝声「弥生(いやさか)」三唱を野田総理へ送りました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.